1. ホーム
  2. 糖質制限
  3. ≫糖質制限は低血糖のリスクがあるか?低血糖になりやすい人

糖質制限は低血糖のリスクがあるか?低血糖になりやすい人

糖質制限には低血糖のリスクがあるという説とないという説があります。

どちらが本当でしょうか?

低血糖の人

スポンサーリンク

糖質制限には低血糖はあるのか


あるという説とないという説、どちらも正しいのです。

ただし、これは本人の体と大きな関係があるところなので、どのような人が低血糖になりやすいのか、どのような人が低血糖のリスクはないのかについて分けられていないといけません。

低血糖症の人


もちろん低血糖になります。

低血糖症というのは、健康な人ならありえないくらいの低血糖値を示してしまうことです。

症状は出にくく、いらいらしやすいな、くらいのとどまり方をする程度です。

抗不整脈薬の服用などで気が付かないうちになっていることが多いです。

特殊な例としては、胃を切除した後のダンピング症候群や胃下垂の人などもなることがあります。

糖尿病の治療をしている人


経口血糖降下剤の内服や、インスリンの注射をしている人は、糖質制限食で低血糖を起こすことがあります。

もともとこれだけの糖質が食事で摂取されるはず、という観点で計算されているものなので、期待されている糖質が入ってこないことで必要以上に血糖値が下がります。

このような治療を受けている方は、必ず糖質制限食は医師と相談しなければなりません。

できることなら、入院管理の下で糖質制限食を行うのが安全です。

腎臓機能が低下している人


糖質制限は、どうしてもタンパク質が主食になります。

タンパク質を摂りすぎることは腎臓に負担をかけます。

糖質制限は、内臓が健康な人なら「問題ない」ということができます。

ですが、糖尿病治療や腎機能が低下している時は「健康」とは言えません。

健康でない人が糖質制限を行うのは危険です。

極端に糖質を制限する人


低血糖になる可能性があります。

糖質制限は、三食の主食をまず抜く、ということから始まることが多いのですが、中には極端に糖質を抜いてしまう人がいます。

野菜に含まれている糖質も、調味料等に含まれている糖質もすべて抜いてしまう極端な糖質制限は、体が最初ついていけなくなる可能性があります。

その症状として低血糖が起こります。

健康ならば、糖が摂取されなければタンパク質や脂肪を分解してエネルギー源は作れます。

そのため、失神するほどの大事にはならないものの、手が震える、手先や足先が冷たくなる、いらいらするなどの軽い低血糖状態になることがあります。

いきなりの変化に体はついていきにくいものです。

これから糖質制限を始める人は、最初はゆっくり軽いものから始めることがすすめられます。

スポンサーリンク

糖質制限で低血糖になってしまったら?


糖尿病や腎機能が弱っている方は医師の管理下で行うことを前提としているので、ここでは健康な方についての話です。

手先足先が冷たい、手が震えるなどの状態が起きたら、まず糖分を取ります。

吸収されやすいブドウ糖が含まれているオレンジジュース、炭酸が大丈夫な人ならファンタやコーラなどがおすすめです。

この時、ノンカロリーのものは避けてください。

低血糖⇒通常の血糖を繰り返すのは体にとってはあまり良いことではありません。

低血糖から回復するためにブドウ糖で解決しようとすると、一時的にとはいえ、血糖値は急に上がります。

血糖値を急激に上昇させたり下降させたりすることは、膵臓を大変酷使することです。

糖尿病などの病気を防ぐには、血糖値の急激な上昇・下降を繰り返すことは防ぎたいものです。


糖質制限では低血糖にならない?


そもそも、健康な人が糖質制限をしても、かなり極端でなければ人間の体が糖質不足になることはありません。

極端な糖質制限ではないのに低血糖になってしまうことは、むしろ「急な糖質の摂りすぎ」に原因があるといえます。

甘いものを食べ、血糖値が急激に上がると、インスリンが大量放出されます。

大量放出されたインスリンは血糖を筋細胞などに取り込ませることによってどんどん減らします。

ここで、血糖値の急降下が起こります。

このとき、脳からはノルアドレナリンやアドレナリン、グルカゴンなどの物質が出るので集中力が低下する、いらいらするなどの状態が起きます。

大量放出されたインスリンは、血液中のブドウ糖を中性脂肪に変えて体内に貯めこませる役割も果たします。

この変化が急激に起きるために血糖値は急降下し、基準以下の低血糖になってしまうのです。

糖質制限を正しく行えば、血糖値は安定します。

急激な血糖の増減がなくなることで、インスリンを分泌する膵臓の働きも軽減されます。

糖質制限は正しく知って正しく行うことが肝心です。

糖質以外の脂質やタンパク質をしっかり摂るのと同時に、ビタミンやミネラルの類をきちんと摂ることが大切です。

糖質は大変高いエネルギーを生み出すことのできる栄養素です。

その代わりになるタンパク質と脂質は、しっかり摂っておかないと身体を動かせるだけのエネルギーを生み出せません。

正しく知って、正しく健康になりましょう。

スポンサーリンク