1. ホーム
  2. 高血圧
  3. ≫下の血圧を下げる方法とは?【拡張期血圧だけが高くなる原因】

下の血圧を下げる方法とは?【拡張期血圧だけが高くなる原因】

下の血圧を下げる
高血圧という病気は自覚症状に乏しく、気づきにくいため、サイレントキラーと呼ばれています。

高血圧に気づかず高血圧の状態を放置し続けると、動脈硬化へと移行し、その後、心筋梗塞や狭心症、脳梗塞といった命に係わるだけでなく、糖尿病などの合併症を引き起こす可能性もある怖い病気です。

血圧とは血液が血管を流れる際の圧力のことをいい、この値は血液の量と血管の圧力によって数値化されたものを言います。

上の血圧は収縮期血圧、下の血圧は拡張期血圧とも呼ばれています。

収縮期血圧は心臓が全身に血液を送り出すため、血管を収縮させた状態の時の動脈の圧力です。

拡張期血圧は全身から戻ってきた血液が緩やかに心臓に溜まり、心臓が拡張したときの動脈の圧力のことを言います。

血圧の値は、病院など医療機関で測定する際には収縮期血圧140mmHg / 拡張期血圧90mmHg以上、自宅で測定する際には収縮期血圧135mmHg/ 拡張期血圧85mmHg以上で高血圧と定められており、血圧の値の状態によっては降圧薬が処方されます。

ほとんどの高血圧の患者さんは収縮期血圧、拡張期血圧の両方が高くなるのが一般的ですが、拡張期血圧だけが高くなる人も存在します。

今回はその下の血圧である拡張期血圧を下げる方法について紹介します。

血圧が高めで気になる方へおすすめ。漢方の白井田七サプリ。


拡張期血圧が高くなる原因


拡張期血圧が高くなる一番の原因は、生活習慣の乱れと運動不足と言われています。

これは加齢との関係がある収縮期血圧とは異なり、加齢との因果関係がないと言われているので近年では60歳以下の若年層で多くみられます。

拡張期血圧が一時的な人の場合は、注意深く気にすることもありませんが、拡張期血圧が高くなる対象者は年1、2回の健康診断でしか血圧を測定しないという60歳以下の人も多くいらっしゃると思います。

そのため、拡張期血圧で高い値を記録してしまった場合には、常日ごろから血圧を意識した方がよいですね。

拡張期血圧だけが高いということは、上の血圧である収縮期血圧もいずれ高くなる可能性が高いです。

要するにいつか動脈硬化へと移行し、その後、心筋梗塞や狭心症、脳梗塞といった病気も起こるリスクが正常血圧の人に比べ高い状態です。

それを防ぐためにも、正常血圧の方と同じ血圧の値になるような改善策を試みてはどうでしょうか。

拡張期血圧の改善方法


拡張期血圧の原因は生活習慣の乱れ、運動不足とお伝えしましたが、生活習慣病の乱れを細かく言うと、肥満やストレス、睡眠不足、喫煙、過度の飲酒などが挙げられます。

改善策はこれらの原因をいかに少なくするかが拡張期血圧の低下につながります。

肥満

我が国、日本ではBMI25以上(体重÷身長2で算出できます)が肥満と定義されています。

この肥満を解消するには、体重を落とすことが重要ポイントとなってきます。

ストレス

ストレス状態になると、交感神経からノルアドレナリンというホルモンが放出され、これが血圧上昇の一因となります。

リラックスに良いと言われているアロマや癒しミュージック、運動などを日常生活に新しく取り入れてみてはどうでしょうか。

睡眠不足

十分な睡眠時間をとることも大切ですが、睡眠環境も重要になってきます。

寝る時には電気を消し、寝る前にはカフェインやアルコールの摂取、喫煙を控えると言った些細なことも睡眠の質を上げるためには重要となります。

喫煙、飲酒

タバコはニコチンが、飲酒はアルコールが血圧上昇の一因です。

吸い過ぎ、飲み過ぎに気を付けて生活しましょう。


拡張期血圧の効果的な運動には、有酸素運動が挙げられます。

有酸素運動とは、比較的弱い力を継続的に続ける運動のことです。

これは脂肪をエネルギーとして消費し、その燃焼材料には酸素を必要とします。

代表的な有酸素運動として、ランニング、ジョギング、水泳、水中ウォーキング、縄跳び、ヨガ、自転車が挙げられます。

運動を行い始めたばかりの状態は、血糖がエネルギーとして優先に使われます。

そして徐々に、エネルギー源が脂肪となり、20分後には脂肪が使われるエネルギー源の割合が最大となるのです。

そのため重要なことは毎日継続することですが、1回の有酸素運動を20分以上行うことが理想的です。

例としてこれらの有酸素運動を日常生活にとりいれる方法を紹介します。

毎日の通勤は電車を利用している方


利用されている一駅前で下車し、仕事帰りにジョギングをしてみてはどうでしょうか。

出かける際は必ず車を使うという方


車を使う前に目的地は自転車で行ける距離でしたら、自転車を利用してみてはどうでしょうか。

血圧が高めで気になる方へおすすめ。漢方の白井田七サプリ。


最後に


拡張期血圧が高いからと言って、何か特別なことをするのではなく、基本は自分の生活を見直すことが一番のポイントとなってきます。

また、運動をすることで筋肉が鍛えられるのと同じように血管も鍛えることができるのです。

高血圧予防のための基本は、バランスの良い食事と適度な運動です。

これを機会に、もう一度自分の日常生活を見直してみてはいかがでしょうか。