1. ホーム
  2. 血液サラサラ
  3. ≫オリヒロナットウキナーゼ60カプセルの効果とは?口コミと評判

オリヒロナットウキナーゼ60カプセルの効果とは?口コミと評判


オリヒロナットウキナーゼ
ここでは、オリヒロが販売する「ナットウキナーゼ60カプセル」について、口コミや評判を交えて商品の特徴や成分を紹介します。

オリヒロ ナットウキナーゼ60カプセルの成分は?


ナットウキナーゼ60カプセルの成分について解説していきます。

注目したい成分は、「ナットウキナーゼ」です。

こちらに焦点を当てて、解説していきます。

ナットウキナーゼの効果とは?


ナットウキナーゼは、文字通りに納豆に含まれる酵素の名前です。

また、このナットウキナーゼは、血液中にできてしまう「血栓」を溶解する作用を持つことが、倉敷芸術科学大学須見洋行教授によって発見されました。

血栓は血液中にできる「血の塊」で、これが血管内に存在することで血管が詰まってしまうことがあります。

これは心筋梗塞やエコノミー症候群などの病気の一因となるため、血栓はないほうが良いと言えます。

血栓がなければ血液の流れも妨げられないので、血流も正常な状態を保てることになります。

血流が正常な状態では、血圧も正常な状態と言えます。

反対に、血栓などが血管内部にあり、血流が悪くなっていれば、血液を流すためには大きな力が必要になります。

この大きな力が血圧となって表れるため、血流が悪いときには「血圧が高く」なります。

つまり、血圧を下げるためには、まずは血流を改善することが良いと言えるのです。

その観点では、ナットウキナーゼは血圧を下げる効果が期待できると言えます。

ナットウキナーゼは納豆に含まれるので、納豆を食べれば良いと考える人もいるでしょう。

しかし、納豆にはナットウキナーゼも含まれていますが、ビタミンKという成分も含まれています。

このビタミンKはナットウキナーゼの働きとは反対で、血液を凝固させる作用があります。

そのため納豆を食べても、ナットウキナーゼの効果とビタミンKの効果が打ち消し合って、ほとんど効果をなさないおそれがあります。

一方で、オリヒロの「ナットウキナーゼ60カプセル」では、ビタミンKが除去されています。

納豆菌培養エキスが使われていますが、ナットウキナーゼの効果のみを純粋に摂取できると言えるのです。

ナットウキナーゼが関わる効果とは?


ナットウキナーゼが直接もたらす効果は上記の通りです。

しかし、ナットウキナーゼには、ナットウキナーゼが関わることで現れる効果もあります。

例えば、ナットウキナーゼを摂取することで、腸内環境が整えられます。

ナットウキナーゼが腸内に入ると、悪玉菌を徐々に減らしてくれる効果が生まれます。

そこで善玉菌は悪玉菌が減ったことで増加できますので、腸内環境が改善されていきます。

腸内環境が改善されると、老廃物を排出しやすくなります。

すると、老廃物が腸内に溜まって、アレルギー症状が出るということも少なくなります。

同時に便秘などの解消も期待できると思われます。

また、ナットウキナーゼによって、摂取したカルシウムが吸収されやすくなります。

中高年になると、体内のカルシウムが減少して「骨粗しょう症」になることがあります。

骨折をしやすくなりますし、腰痛、関節痛などの原因にもなります。

ナットウキナーゼを摂取して、食事などで摂取したカルシウムを上手に吸収していれば、骨粗しょう症なども予防しやすくなりますよ。

ナットウキナーゼは、どのくらい摂取すれば良い?


ナットウキナーゼという酵素は、とても新しい酵素と言えます。

初めて発見されたのは1984年です。

そのため、それを表現する単位もありませんでした。

初めは他のたんぱく質分解酵素と同様に、その活性を示す単位に「カゼイン分解力(CUもしくはUnit)」を用いていました。

しかし、これは適切ではないことから、単位が改められることになりました。

その結果、作られたのが「FU(フィブリン分解ユニット)」という単位です。

これはナットウキナーゼが、血栓(フィブリン)を溶解することから作られました。

現在は、アメリカやEUなどでもこの単位が使われています。

さて、このナットウキナーゼですが、1日の摂取目安もあります。

1日の目安は「2000FU」です。

つまり、ナットウキナーゼのサプリメントにこれだけの量が含まれていれば、1日分が補えると考えられます。

ここでオリヒロの「ナットウキナーゼ60カプセル」の主成分を見てみましょう。

こちらは、1日の摂取目安が3粒ですが、その3粒に「2000FU」が含まれています。

納豆にすれば、およそ50gで1パックに相当します。

つまり、こちらのサプリメントを飲むだけで、1日に1パックの納豆を食べているのと同じような効果が期待できるのです。

また、レビューにあるように「ニオイが気にならない」ので、納豆が苦手な人で血栓が気になる人にはとても良いと言えそうですね。

オリヒロ ナットウキナーゼ60カプセルの評判は?


オリヒロの「ナットウキナーゼ60カプセル」の評判を見てみましょう。

Amazonのレビュー


Amazonには、次のようなレビューが投稿されています。

  • 1ビン飲んだだけでは効いているか分からない。
  • 血圧が120~130に下がった。
  • 納豆独特のニオイは全くしない。


楽天市場のレビュー


楽天市場には、次のようなレビューが投稿されています。
  • 値段も品質も満足です。
  • 母の血圧が正常になりました。母がとても気に入りました。
  • 頭痛も緩和できています。


また、海外の人のレビュー(中国語)もありました。

レビューにあるように、やはり低価格に満足している人は多いようです。

実際、同様の「ナットウキナーゼ」のサプリメントと比較しても、オリヒロの商品は安いと言えます。

しかも、成分の量を比べても、ほとんど差がないと言えます。

つまり、低価格で十分な成分が摂取できるサプリメントと言えそうです。

また、ナットウキナーゼは海外でも人気が高いようで、楽天市場では中国を始め、海外の人がレビューを書いています。

そして、Amazonでは中国の人にこの商品をあげたというレビューもありました。

これは、他のサプリメントでは見られない特徴です。

一部のレビューやサイトには、海外のメディアでオリヒロの「ナットウキナーゼ60カプセル」が紹介されたという書き込みもあるので、試してみる価値はあると思われます。

まとめ


オリヒロの「ナットウキナーゼ60カプセル」は、納豆のニオイが抑えられているので、ニオイが苦手で納豆が食べられない人に向いています。

しかも、1日分の目安である3粒で、ナットウキナーゼの摂取目安の「2000FU」になるので、とても良いと言えます。

コストパフォーマンスも良く、海外の人にも人気が高いので、ナットウキナーゼのサプリメントを飲んでみたい場合には、こちらの商品を試してみることも良いと思いますよ。

他のサプリメントよりも低価格(1,500~2,000円台)なので、試すには持って来いの商品と言えますよ。

オリヒロ ナットウキナーゼ60カプセルに興味がある方は、こちらのサプリにも興味を持ってます


小林製薬のナットウキナーゼEPA&DHAセット


ビタミンKが除去された「納豆キナーゼ」が2000FU入っているサプリメント。

それに加えて魚のDHA・EPAと、玉ねぎのケルセチンを配合。

初めての購入で30%OFFの1,134円(税込)。

オリヒロの「ナットウキナーゼ60カプセル」より安めです。

1品からでも送料無料なので、お試ししたい方はぜひ。

小林製薬のナットウキナーゼ&DHA&EPAセット