1. ホーム
  2. 血液サラサラ
  3. ≫オメガ3脂肪酸で血液サラサラに!効果や含まれてる食品は?

オメガ3脂肪酸で血液サラサラに!効果や含まれてる食品は?

オメガ3脂肪酸の豊富な刺身
血液サラサラが体に良いことは、よく知られています。

しかし、どうすれば血液サラサラになるのかは分からない人も少なくありません。

そのため、聞き覚えのある食品に頼ってしまうことも少なくありません。

最近では「オメガ3脂肪酸」が話題になっています。

若い女性にはよく知られていますが、何が良いのでしょうか?

実は「オメガ3脂肪酸」は、簡単に摂取できる割に血液サラサラにする効果が高いと言えます。

そのため、積極的な摂取が望まれています。

ここでは「オメガ3脂肪酸で血液サラサラになる理由」や「オメガ3脂肪酸が含まれる食品」などを紹介します。

オメガ3脂肪酸で血液サラサラになる理由とは?


オメガ3脂肪酸によって、血液サラサラになるという話は聞いたことがあるかも知れません。

しかし、誰かが言っているだけで、その理由を知らない人は多くいます。

実はとても簡単な理由なので、少し学んで賢くなってみましょう。

まず、オメガ3脂肪酸に分類される物質から紹介しましょう。

オメガ3脂肪酸に分類されるのは「DHA(ドコサヘキサエン酸)」「EPA(エイコサペンタエン酸)」「DPA(ドコサペンタエン酸)」「αリノレン酸」などです。

聞き覚えのある単語もあれば、全く知らない単語もあるでしょう。そこで、順に解説していきます。

まずはDHAから。DHAが最初に話題になったのは随分と昔の話です。

当時はDHAを摂取すると頭が良くなると言われていました。

また、青魚に多く含まれているため、魚を食べることが良いとも言われていました。

正確に言えば、頭が良くなるというよりも、脳などの機能維持に必要な物質で脳の情報伝達機能が良化すると言えます。

つまり、脳の機能が活性化するため、頭が良くなると言い換えられたのです。

また、DHAにはコレステロールの数値を下げる効果もあります。

コレステロールが増えてしまうと血流が悪くなることが分かっていますから、血流改善にも効果を発揮すると言えます。

血流改善は血液がサラサラと流れるようになることなので、血液サラサラになると言えるのです。

EPAはDHAとほとんど同じような機能を有しています。

大きく違う点は「中性脂肪の数値を下げる効果」と「血栓を防ぐ効果」です。

DHAも中性脂肪を下げる効果はありますが、比較するとEPAの方がより中性脂肪を下げる効果に優れています。

一方で、EPAにもコレステロールを下げる効果がありますが、こちらはDHAの効果には及びません。

つまり、似た機能を有していても、それぞれの得意分野は異なるということなのです。

また、EPAには血栓を防ぐ効果があるため、血流がとどこおるリスクが減ると考えられます。

同時に、血液の流れを邪魔する血栓ができにくくなるため、EPAの摂取で血液サラサラになると言えるのです。

DPAは、DHAやEPAよりも新しく発見された成分と言えます。

現在も研究が進んでいる段階にあり、その効果の一部しか分かっていません。

しかし、現在までに分かっている効果には、コレステロールや中性脂肪を下げる効果以外にも「血管修復機能」があることが分かっています。

老化などが原因で血管が傷ついてしまうと、どうしても血液の流れは悪くなります。

また、血管の老化は血管自体を硬くしてしまいます。

そうした血管の老化を防ぐために必要な機能が「血管修復機能」です。

血管を修復する機能があることで、様々な病気のリスクを減らすことができます。

さらに血管が修復されることで、血液の流れも良くなります。つまり、血液サラサラになるのです。

最後に「αリノレン酸」についてです。こちらも上記と同じような機能があると言えます。
しかし、最も大きな機能としては「DHAやEPAに変換可能である」ことです。

体の中に入ったときに、EPAが不足していればαリノレン酸がEPAに変換されます。
DHAでも同様です。つまり、αリノレン酸を摂取すれば、DHAやEPAの不足を補えると言えます。

過剰摂取はすすめられませんが、普通に摂取するだけでは過剰摂取になることはありません。

また、現代の食生活では明らかにオメガ3脂肪酸は不足しています。

そのため、積極的に摂取しても、ほとんどは過剰摂取にならないと言えます。

オメガ3脂肪酸で血液サラサラになる理由は分かったと思います。

しかし、細かい理由を覚えておくよりも、オメガ3脂肪酸を摂取することが大切です。

そのことだけは忘れないようにしましょう。


オメガ3脂肪酸が含まれる食品とは?


オメガ3脂肪酸で血液サラサラになることは分かっても、どうやってオメガ3脂肪酸を摂取すれば良いのかが分かりませんよね?

そこで、オメガ3脂肪酸が豊富に含まれている食品を紹介しましょう。

上記のDHAなどで分かるように「青魚」には、オメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。

しかし、近年ではDHAやEPAがプラスされた「魚肉ソーセージ」も販売されているので、サバやイワシなどの青魚が苦手でも問題ないでしょう。

また、比較的食べやすい魚としては「鮭」にも豊富に含まれています。

鮭はスーパーフードとも言われており、栄養素が豊富なことでも知られています。

まずは注意して魚を食べるくらいの気持ちで良いと言えます。

他には「亜麻仁油」や「エゴマ油」などにも豊富に含まれます。

しかし、加熱調理で効果が減ったり、酸化するのですぐに使いきったりする必要があり、とても面倒です。

この辺は知識だけにして、実際には使わない方が良いでしょう。ただし、効果は高いと言えます。

さて、スーパーフードと言えば、少し前に人気になった「チアシード」もオメガ3脂肪酸が含まれていることで話題になりました。

こちらは高価ですし、ダイエット効果なども高いのですが、男性にはすすめられません。女性には人気ですが。

一方で、男性に人気が高い食品では「枝豆」があります。

夏場にはビールと枝豆が最高の組み合わせですよね。

家で文句を言われたときには「枝豆にはオメガ3脂肪酸が豊富だ!」と言い訳をしましょう。

ビールには葉酸も含まれていて、こちらも血液サラサラには効果があります。

つまり、血液サラサラには最高の組み合わせですよ。これが一番オススメです。

また、くるみにも多く含まれています。こちらも、おつまみに適していますよね。

おつまみとして、堂々と食べましょう。

アルコールがダメな場合には、おつまみを紹介されても困りますよね。

アルコールがダメな場合には「甘栗」を食べましょう。

コンビニなどでは皮をむいてくれている商品も売っています。

簡単に手に入りますが、実は効果は意外と高いのでおすすめです。

意外な食品では「ポテトチップス」や「芋かりんとう」や「米菓揚げせんべい」などがあります。

お菓子ですが、αリノレン酸が豊富です。

しかも、こちらは「文部科学省日本食品標準成分表」にも記載があります。

国が認めているので、確かな情報ですよね。

おつまみでも、おやつでも良いので、食べすぎないくらいに食べると良いですよ。

毎日は難しいと感じたら?


毎日、色々と考えて摂取するのは難しいですよね。

おつまみであっても、同じでは飽きてしまいますからね。

そこで、毎日摂取するのが難しいと思うときには、サプリメントを考えてみましょう。


例えば、さくらの森というメーカーが販売しているきなり
は、DHAやEPAが豊富に含まれています。

また、多くの専門家も注目している「クリルオイル」や「ナットウキナーゼ」まで含まれていて、血液サラサラのパワーがケタ違いです。

モンドセレクションも受賞しているので、安全性も問題ないですよね。

DHAサプリメント 【きなり】 公式サイトはこちら。


製薬会社として有名な「小林製薬」も「小林製薬ナットウキナーゼ&DHA&EPAセット」を出しています。

小林製薬ナットウキナーゼ&DHA&EPAセットの公式サイトはこちら

こちらは製薬会社品質で安心です。

しかも、価格は「きなり」よりも少し安くなっています。

ただし、その分だけDHAやEPAの量は少ないと言えます。

それでも、低価格で継続するには良いと言えます。


ドリンクタイプもあり、こちらは食品メーカーの「ニッスイ」が販売しています。

テレビCMなどもされているイマークSです。

価格は高めですが、こちらもDHAやEPAが多く摂取できます。

粒タイプのサプリメントが苦手な方にはおすすめです。

血中中性脂肪に作用するトクホ「イマークS」お試し1,000円はこちら。


このようにサプリメントもたくさんあります。

積極的にオメガ3脂肪酸を摂取したくても、食品からの摂取が難しいのであれば、サプリメントを活用することも良いと言えますよ。

継続しやすくて、その効果を長く得ることができる点では、サプリメントが最も適していると言えますからね。


まとめ


オメガ3脂肪酸は身近な食品にも多く含まれています。

少しの努力で簡単に血液サラサラになる効果が得られるので、オメガ3脂肪酸を多く含む食品を積極的に摂取することが良いでしょう。

しかし、毎日摂取することが難しいのであれば、サプリメントを活用することも良いと言えます。

継続しやすいですし、適切に効果を得られますからね。

そのため、自分で考えて食品を摂取することが難しいのであれば、サプリメントを考慮してみましょう。