1. ホーム
  2. 高血圧
  3. ≫妊娠高血圧症候群の原因や症状とは【予防方法はあるの?】

妊娠高血圧症候群の原因や症状とは【予防方法はあるの?】

高血圧で頭痛がする妊娠中の女性
妊娠されると自分だけの身体ではなくなり、健康においても以前よりも気になりますよね。

今回は、妊娠中に起こる得るかもしれない疾患の一つ「妊娠高血圧症候群」について紹介します。

妊娠高血圧症候群とは


妊娠時に高血圧、尿たんぱく、むくみが現れた場合、以前は“妊娠中毒症”と呼ばれていましたが、現在は“妊娠高血圧症候群”と名前が改められました。

細かい説明をすると“妊娠高血圧症候群”とは妊娠20週以降、分娩後12週までに高血圧が見られた場合、または高血圧にたんぱく尿を伴う場合に“妊娠高血圧症候群”と診断します。

この疾患の診断は、妊婦さんの血圧測定(収縮期血圧140mmHg/拡張期血圧90mmHg以上)と尿検査におけるたんぱく尿の測定(300mg/日以上)が基本となります。

この妊娠高血圧症候群は以下のように分類されています。

妊娠高血圧腎症


妊娠20週以降、分娩後12週までに高血圧を発症し、それに加えてたんぱく尿が見られる場合。

妊娠高血圧


妊娠20週以降、分娩後12週までに高血圧だけを発症する場合。

加重型妊娠高血圧腎症


妊娠以前から、または妊娠20週までに高血圧と診断されており、妊娠20週以降にたんぱく尿を伴う場合。

または高血圧とたんぱく尿の両方の症状が妊娠以前から、または妊娠20週までに見られる場合。

子癇(しかん)


妊娠20週以降に初めて痙攣発作を起こす病気であり、最悪の場合、母子ともに命を落とす可能性があります。

痙攣発作の起こった時期により、妊娠子癇、分娩子癇、産褥子癇と分類されます。

子癇が起こる原因は不明ですが、重度の妊娠高血圧症候群の人に起こり得る症状です。

これらの症状はすべて、高血圧を中心にお母さんと赤ちゃんに直接的な関係を持っていると考えられています。

またその他の疾患として、以下の疾患もあります。

  • 妊娠たんぱく尿:妊娠時に高血圧の症状が見られず、たんぱく尿の症状のみが見られる場合。
  • 妊娠浮腫:妊娠時に高血圧の症状が見られず、浮腫の症状のみが見られる場合。

妊娠高血圧症候群の原因


現在の医療で有力とされている根拠はあるのですが、まだなぜ妊娠することで血圧上昇しやすくなるのかの正確な原因ははっきりと明らかになっていません。

妊娠高血圧症候群を発症しやすい方は、以下となっています。

  • 初めて妊娠される方
  • 高年齢での妊娠(35歳以上での妊娠は発症率を高め、40歳以上は更に発症率が高くなります)
  • 15歳以下の妊娠、肥満の方(基本BMI25以上の方を肥満と言います)
  • 双子や三つ子を妊娠された方
  • 前回の妊娠時に、妊娠高血圧症候群であった方
  • 妊娠高血圧症候群の家族歴をお持ちの方
  • 妊娠が発覚する以前から、高血圧・腎疾患・糖尿病の疾患をお持ちの方

妊娠高血圧症候群を発症することによる母体への影響


高血圧は自覚症状に乏しい病気のため、サイレントキラーと言われています。

妊娠していない人の場合でも、高血圧を放置してしまうことにより脳血管障害、心疾患、腎疾患に移行する可能性がある疾患とされています。

妊娠時の高血圧はこれらに加え、子宮や胎盤の血液量が減少し、胎盤の働きが悪くなってしまいます。

胎盤は、子宮の中にいる赤ちゃんに栄養や酸素を送るための重要な臓器です。

胎盤の動きが悪くなってしまうと「栄養不足」により、赤ちゃんが十分に育ちにくくなります。

普通よりも体重の少ない赤ちゃんが生まれることや、酸素不足により脳に障害を抱えて生まれてくることもあります。

また、赤ちゃんだけではなく母体にも肺水腫、脳出血、常位胎盤早期剥離、HELLP症候群といった影響を及ぼす危険性もあり得るのです。

肺水腫


肺の血管内の血液量が増え、流れが滞り、突然息苦しくなることや、呼吸回数が増え胸痛や咳などの症状が現れる疾患です。

脳出血


高齢者の病気というイメージの方が多いかもしれませんが、血圧の上昇により起こり得る疾患となります。

常位胎盤早期剥離


赤ちゃんが生まれる前に胎盤が子宮の壁からはがれてしまう疾患です。

原因は不明とされていますが、これにより胎児だけではなく、母体にも悪影響を起こすことがありえます。

HELLP(ヘルプ)症候群


溶血(Hemolysis)、肝酵素の上昇(Elevated liver enzyme)、血小板の減少(Low platelets)の3つの症状が出現するとされており、これら3つの症状の英語の頭文字を略したものが名前となっています。

こちらも原因は不明な点が多いですが、適切な処置が行われないと血液凝固障害や全身の多くの臓器がダメージを受けて致命的になります。

この病気の症状として、突然の上腹部痛やみぞおちの部分が痛む心窩部痛、嘔気嘔吐などが挙げられます。

妊娠高血圧症候群の予防方法


上記で紹介した「妊娠高血圧症候群の症状」やそれに関連している疾患が怖いものだということはお分かり頂いたと思いますが、妊娠高血圧症候群は原因がはっきりしていないため、的確な予防方法も未だ確立されていません。

しかし、疲労やストレスをためないよう休養・睡眠を十分にとることや、適度な運動、また常にイライラした生活をではなく、リラックスして過ごせる生活環境が大切です。

また、食事にも少し気を使うことで予防につながると言われています。

妊娠前のBMIの適正維持


BMI18.5以上25未満(BMI=体重kg÷身長m2)に。

BMI25以上の女性の妊娠高血圧症候群の発症率が高いと言われています。

食塩制限


高血圧と深い関係があると考えられている食塩を1日10g以下に。

カルシウムの摂取促進


血圧を下げる効果、赤ちゃんの骨形成にも関係すると言われています。

n-3系脂肪酸の摂取促進


魚油、特に青魚に多く含まれ、循環器系に効果があると言われています。

抗酸化ビタミンの摂取


血圧上昇の抑制に効果があるとされている、抗酸化作用のあるビタミンC、ビタミンEなどの十分な摂取が重要と言われています。

また、食べ過ぎはよくないので常に腹八分目を心がけましょう。

しかし、逆に極端なカロリー制限をしてしまうこと、赤ちゃんに十分な栄養が行き届かなくなってしまうためよくありません。

妊娠高血圧症候群の治療薬


妊娠時の血圧の状態によっては薬を処方される場合もあります。

血圧を下げるための降圧薬には、Ca(カルシウム)拮抗薬、ARB(アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬)、ACE阻害薬(アンジオテンシン変換酵素阻害薬)、利尿薬、β(ベータ)遮断薬、などの分類があります。

しかし、降圧薬で有名な「アムロジピン」や「ミカルディス」など多くの薬が、わが国では妊婦さんへの使用が禁忌とされています。

妊婦さんには、交感神経中枢抑制薬の「メチルドパ」や血管拡張性降圧薬の「ヒドララジン」などが使用されます。

降圧薬だけではなくその他の風邪薬、吐気止めなどさまざまな薬が妊婦さんには禁忌となるものが多いのです。

妊娠の疑いのある場合や、妊娠中に病院にかかる場合は、妊娠していることを必ず医師また薬剤師に伝えるようにしましょう。

妊娠高血圧症候群は出産後どうなる?


妊娠高血圧症候群の多くの場合は、出産後速やかに軽快します。

しかし、重度の妊娠高血圧症候群を患ってしまった方は、出産後も高血圧やたんぱく尿といった症状が見られることがあり、産後も降圧薬などを服用し続ける場合もあります。

まとめ


基本的に十分な休息、リラックスして過ごすことができる生活環境、バランスの良い食事を行う基本的なことが妊娠中には赤ちゃんとお母さんにとって一番大切なこととなります。

妊娠高血圧症候群の重症化を防ぐためにも、なるべく初期の段階に気づくことが重要となります。

そのためにも少しでも気になることがある場合は医師に相談しましょう。

生まれてくる赤ちゃんとの楽しい生活のためにも無理のない生活を心がけてくださいね。