1. ホーム
  2. 血糖値
  3. ≫難消化性デキストリンに血糖値を下げる効果

難消化性デキストリンに血糖値を下げる効果


難消化デキストリン
トクホの「血糖値を下げる」という商品には、よく「難消化性デキストリン」という表示があります。

難消化性デキストリンは、どうして血糖値を下げることができるのでしょうか。

難消化性デキストリンとは?


難消化性デキストリンは、トウモロコシから作られた水溶性食物繊維です。

胃から小腸への食物の移動を遅らせることによって血糖値の上昇を緩やかにし、小腸で栄養分の消化・吸収を遅らせるために全体的な栄養素の吸収を少なくする効果があります。

水溶性食物繊維は、大腸の乳酸菌によって分解されます。

そのため、大腸で吸収されるはずのミネラルは変わらずに吸収されるのが、最大のメリットです。

身体の正常な維持のために必要なミネラルはきちんと吸収されますが、余分なエネルギーになって中性脂肪やコレステロールのもとになってしまう脂質や糖質は吸収しにくくすることができるので、血糖値を下げる目的で使われています。

食物繊維を多く摂ろうとすると、下痢などの副作用が起きることがあります。

難消化性デキストリンは、下痢などの副作用を起こすことがたいへん少ない食品です。

アメリカ食品医薬品局(FDA)では、「1日の摂取量の上限」を明確にする必要はないほど安全であるという認可をしています。

日本では、厚生労働省によって機能表示が許され、特定保健用食品としての効果と安全性も認められています。


難消化性デキストリンは、糖尿病の合併症にも安心


血糖値がコントロールできなくなってしまうと糖尿病になりますが、糖尿病で怖いのは合併症の症状です。

合併症の種類により、食事療法には栄養制限があり、複雑になります。

糖尿病性腎障害のある人は、タンパク質と塩分の制限が行われます。

肝臓病を併発している場合は、極端なエネルギー制限をすることができません。

さまざまな注意点があるため、血糖値を下げるための食事は糖尿病の人は医師の管理下で行ってください。

ただし、食物繊維だけは別です。

食物繊維は、どのような合併症があっても制限はなく、血糖値を下げるのに有効だとされています。

1日20g~25gの食物繊維を、難消化性デキストリンだけでなく、食品も合わせて摂取するようにしましょう。


難消化性デキストリンの5つの効果


食後血糖の上昇抑制作用


小腸での糖の吸収スピードを緩やかにし、血糖値の急な上昇を抑制します。

整腸作用


便秘等を改善する力に優れています。

便が腸を通過する時間を短くする効果もあるため、必要以上のエネルギーの吸収を防ぐ働きもあります。

食後中性脂肪の上昇抑制作用


食事とともに難消化性デキストリンを摂取することで、糖や脂肪を小腸内でからめとり、吸収させない作用があります。

脂質の吸収を遅らせるため、食後の中性脂肪の上昇を穏やかにします。

内臓脂肪の低減作用


継続的な摂取により、内臓脂肪と中性脂肪を低減する作用が認められています。

ミネラル吸収を促進する作用


カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛の吸収を促進させることがわかっています。貧血改善の効果もあります。


粉末タイプの難消化性デキストリンの使い方


食品に添加されている難消化性デキストリンのほか、難消化性デキストリンには粉末タイプもあります。

難消化性デキストリンは低粘性・低甘味で水に溶けやすく、使いやすい食材です。

飲み物に入れる


一番オーソドックスな方法です。コーヒー、紅茶などにそのまま混ぜることができます。

味もほとんど変わりません。

スープに入れる


いつも飲んでいるスープに混ぜるだけで、食物繊維豊富なスープに早変わりします。

難消化性デキストリンは耐熱性にも優れているので、熱を加えたからと言って働きが変わるようなことはありません。

熱いものでも、冷たいものでも関係なく使えます。

スイーツと合わせる


血糖値が気になっても、甘いものは食べたいもの。でも、罪悪感と一緒になって味わえないかもしれません。

ケーキに振りかけたり、おしるこに入れたりという使い方ができます。

もちろん、いくら難消化性デキストリンを使うといっても、血糖値が高くて食事制限を受けている方はお気を付けください。


難消化性デキストリンを使った商品


粉末タイプ


大正製薬 ヘルスマネージ大麦若葉


難消化性デキストリンと、各種ミネラルの入った大麦若葉を合わせたドリンクです。

青汁を飲む感覚で、毎日難消化性デキストリンを摂取できます。

大正製薬 ヘルスマネージ 大麦若葉青汁の公式サイトはこちら


ハーブルサクセス ダイエッティー


難消化性デキストリンと、ケルセチン配糖体、高濃度茶カテキン、烏龍茶ポリフェノールが入ったお茶です。

これらは4つともトクホ飲料の原料になっている成分です。

ダイエッティーの公式サイトはこちら



パインファイバー


6gの個包装になっている難消化性デキストリンです。好きな飲み物に溶かして飲みます。


賢者の食卓 ダブルサポート


難消化性デキストリンの働きで、食後の血糖値や中性脂肪の上昇を穏やかにする特定保健用食品です。

スティックタイプでどんな飲み物にも溶かせます。味を調えるために抹茶も使用されています。


ゼリータイプ


ベジファス


中性脂肪や糖の吸収を抑えます。

難消化デキストリンと、80種類の植物発酵エキス、シークヮーサー+レモン酢を加えたトクホの商品。

初回半額で購入できます。

「ベジファス」公式サイトはこちら。


飲み物に入っているタイプ


三ツ矢サイダープラス


強炭酸のドリンクです。昔と変わらない三ツ矢サイダーに難消化性デキストリンが加わり、血糖値の上昇を抑えます。


サントリー ペプシスぺシャル


「トクホのコーラ」として一世を風靡中です。カロリーもゼロ、食事と一緒に飲むことで食後の中性脂肪の上昇を穏やかにする効果があります。

参考書籍:『よくわかる糖尿病』春日雅人、廣済堂出版