1. ホーム
  2. 糖尿病
  3. ≫メタバリアスリムの効果と副作用【糖尿病の予防になる?】

メタバリアスリムの効果と副作用【糖尿病の予防になる?】

メタバリアを飲んでごちそうを食べようとする男性
糖質対策のために、機能性関与成分のサラシノールを摂取することで糖尿病予防になると言われているサプリメントがメタバリアスリムです。

メタバリアスリムは糖尿病予防に本当に効果があるのか調べてみました。

メタバリアスリムの効果について


メタバリアスリムは、食事で摂取する糖質の消化を抑え、血液中の食後血糖値を下げる働きがあります。

このことから、糖尿病予防に効果があるといわれています。

スポンサーリンク

サラシノールで糖の吸収を抑える


サラシノールとは、サラシアから抽出された成分です。

機能性表示食品として、メタバリアスリムに含まれるサラシノールは食事から摂取した糖質の吸収を抑えるという機能性があることが報告されています。

食事で糖質を取り、消化すると、糖質は糖として小腸上部から吸収されます。

これが血液中に放出されたものが「血糖」です。

血糖が高い状態が続くのは血管や神経に損傷を与えるので、血糖値を下げるために膵臓からインスリンというホルモンが分泌されます。

サラシノールには、食事から摂取した糖の吸収を抑える働きがあります。

糖を100%吸収させないことにより、食後血糖値が若干下がることが実験によってわかっています。

健康な人に、ショ糖50gを摂取してもらったときの実験値だと、プラセボ剤を飲んだ人は血糖値が130mg/dl台後半になったのに対し、サラシアを飲んだ人は血糖値が120mg/dl台後半と、数値にして約10mg/dlの違いが出ました。

食物繊維で糖の吸収を抑える


キャベツ3個分の食物繊維が含まれています。

食物繊維は水分を含むと膨らんで粘性の物質になります。

その粘りが食物をからめとり、小腸の中をゆっくりと移動していきます。

ゆっくり移動することによって、一気に小腸から吸収される栄養素の量が減ります。

この働きのため、食物繊維は糖の吸収を抑え、食後血糖値をゆっくり上昇させていくことができるのです。


メタバリアスリムは糖尿病を治せるか?


メタバリアスリムは糖尿病を治すことはできません。

そもそも、糖尿病自体が完治するしないは賛否両論です。

糖尿病は膵臓が正常にインスリンを分泌しなくなることによって起きる病気です。

膵臓からインスリンを分泌するβ細胞は、過度なインスリン供給等を繰り返しているうちに疲弊し、やがてなくなります。

これは、消えるという説と、別の細胞に変化するという説の両方があります。

どちらの説をとるにしても、一度なくなった(あるいは、姿を変えた)β細胞が元の姿に戻ることはないことは実証されています。

インスリンを分泌する機能は、失ったら歯と同じで二度と戻りません。

そのため、糖尿病の完治はあり得ない、という説が現在は有力です。

くれぐれもメタバリアスリムを、糖尿病の薬と一緒に併用するのはやめましょう。


メタバリアスリムが役立つのは、糖尿病の予防です


血糖値を緩やかに上昇させることによって、膵臓は一気にインスリンを作り出さなくてよくなります。

血糖値の高い人が気をつけなければいけないのは、膵臓を使いすぎないことです。

血糖値が緩やかに上がる状態をキープできれば、膵臓に一気に大量のインスリンを作らせる必要もなくなります。

今の血糖値の高さは、今まで膵臓を使いすぎてしまったということの表れです。

これ以上使いすぎると糖尿病になってしまう恐れがあるので、糖尿病の予防にメタバリアスリムを使うのは良い方法であると考えられます。


メタバリアスリムと一緒にぜひ生活習慣改善を


糖尿病というと、運動と食事がセットです。もう聞き飽きたという方もいらっしゃるでしょう。

でも、この2つを除いては生活習慣病を良くすることはできません。

甘いものを前のように楽しむには、早くヘモグロビンA1cを下げ、正常な血糖値になって楽しむのが一番です。

スポンサーリンク

メタバリアスリムの上手な利用法


食事の15分前に飲むことが推奨されています。

1回分を飲み忘れたとしても次の時に2回分飲むのはやめましょう。

効果は1回分飲んだ時と変わりません。

食後に飲んでも、食前に飲むほどの効果は期待できません。

糖の吸収を抑えることが肝心なのですが、糖の消化は口の中から始まります。

消化が始まってしまってから飲んでも間に合いません。

副作用は報告されていません。薬品ではなく食品なので、副作用というもの自体が適用されません。

ガスが出やすくなるという口コミがあるようですが、含まれている食物繊維によって腸の働きが活性化することと関係があるようです。


メタバリアスリムの注意点


メタバリアスリムを飲んでも、まったく効果が出ない、出ないどころか逆効果になる方もいます。

  • メタバリアスリムを飲んでいるから安心なので、食生活を改めない
  • メタバリアスリムを飲んでいるのが運動の代わりだと思っている

こういう方は要注意です。

メタバリアスリムは食べたものを「なかったこと」にはできない


注意しなければならないのは、メタバリアスリムを飲んでも血糖値が「下がる」と言われているのは、食後30分の数値だということです。

60分の段階では、血糖値はサラシアを飲んだ人のほうが若干高くなっています。

なので、メタバリアスリムを飲むと「血糖値が低くなる」というよりも、「血糖値の上昇が穏やかになる」程度の効果だととらえていたほうがいいでしょう。

食べた糖質をすべてなかったことにしてくれるわけではありません。

ゆっくりですが、食べた分はある程度全部消化・吸収されると考えたほうがよさそうです。

メタバリアスリムの効果は、あくまで「ゆっくりと上昇させる」ということです。

糖質自体がすべて吸収されるわけではありません。

血糖値が高めで予備軍、ということは、今までの食事や生活習慣に問題があるということです。

これを良い機会に見直しましょう。

運動は、基礎代謝を上げるためです


運動しない人は筋肉量が少なくなります。すると、基礎代謝量が少なくなります。

基礎代謝とは、生きて呼吸をしているだけで寝ていても消費されるエネルギー量の事です。

基礎代謝量を上げると、痩せやすい体になります。

筋細胞は血糖を取り込んでエネルギー源にするので、インスリンの効きも良くなり、血糖値も下がりやすくなります。

糖尿病の人は医師の治療を優先


糖尿病治療で投薬を受けている方は、医師の治療を優先してください。

薬によっては飲み合わせ等の問題もありますので、メタバリアスリムを飲むことによって効果を増強しすぎてしまったり、減少してしまうことがあります。

メタバリアスリムに関わらず、糖尿病治療を受けていて、新しいサプリメントや健康食品を試したい場合は、必ず医師に相談し指示を仰ぎましょう。

スポンサーリンク