1. ホーム
  2. オメガ3サプリ(DHA・EPA・αリノレン酸)
  3. ≫クリルオイルのすごい効果!【おすすめサプリメントも紹介】

クリルオイルのすごい効果!【おすすめサプリメントも紹介】

クリルオイルを飲む女性
最近「クリルオイル」が注目されています。

様々な効果があり、特に中高年の女性には嬉しい効果がたくさんあります。

しかし、クリルオイルの効果を詳しく知らない女性も多くいます。

実は、クリルオイルには「ダイエットのサポート」や「女性特有の悩み解消」などがあります。

いずれの効果を期待するにしても、できるだけ早期に摂取を始めることが良いのは言うまでもありません。

ここでは、クリルオイルが秘めているものを紹介します。

また、クリルオイルを効率良く簡単に摂取できる「サプリメント」も紹介します。

悩みを抱えている場合には、クリルオイルで悩みを解消してみましょう。

クリルオイルって?


クリルオイルを全く知らないという人もいるでしょう。

そこで、まずはクリルオイルがどのようなものであるかを解説します。

クリルは英語で「krill」と書きます。これはオキアミを示す言葉です。

つまり、クリルオイルは「オキアミ」の「オイル」ということで、一般的には「南極オキアミ」から作られています。

オキアミは海老にそっくりの見た目をしていますが、食用にも使われています。

また、魚釣りや熱帯魚のエサなどにも使われています。

近年では「バイオエネルギー」とも考えられています。つまり、豊富な用途があると言えます。

その豊富な用途の一つが、クリルオイルです。

クリルオイルには「オメガ3脂肪酸」や「アスタキサンチン」が豊富に含まれているため、新しい栄養源として注目されているのです。


クリルオイルの成分がもたらす効果とは?


クリルオイルには「オメガ3脂肪酸」や「アスタキサンチン」が豊富に含まれています。

しかし、これらの成分にはどのような効果があるのでしょうか?

クリルオイルに含まれるオメガ3脂肪酸は、主にDHAやEPAです。

このDHAやEPAには、コレステロールや中性脂肪を下げる効果があります。

コレステロールは、体内ではエネルギー源や細胞膜の原料として使われます。

LDLコレステロールは、血管を通して全身に運ばれています。

そして、過剰供給にならないようにHDLコレステロールが、残ったLDLコレステロールを回収する作業を担っています。

しかし、回収作業が間に合わないくらいにコレステロールが過剰になれば、検査の数値で引っかかってしまいます。

また、中性脂肪は「肥満の原因」でもあります。

ダイエット効果を得たいのであれば、まずは中性脂肪を下げることを推奨している専門医も少なくありません。

運動をしながら食事に気を使い、クリルオイルによって中性脂肪を下げるDHAやEPAを摂取できれば、それは皮下脂肪や内臓脂肪の減少も期待できるということになり、ダイエットにもつながると考えられます。


女性特有の悩みを解消できるクリルオイルの効果


女性特有の悩みと言えば、生理に関する悩みが多くあると思われます。

肌荒れも起こりやすくなりますし、イライラ、PMS(月経前症候群)などもあります。

医師に相談すると、多くはピルなどを処方されますが、服薬よりも健康的に改善できれば、それに越したことはないですよね?

クリルオイルには「リン脂質」も含まれています。

このリン脂質は、更年期などに見られる「不定愁訴(イライラ感、、頭痛、倦怠感など)」の解消に効果が高い成分です。

つまり、クリルオイルを摂取することで、更年期に見られる不定愁訴の症状を緩和できる可能性があると言えるのです。

また、PMSの改善にも効果を発揮すると考えられます。

クリルオイルのリン脂質は、前述のDHAやEPAと結合する形で存在します。

要するに、リン脂質を摂取すると、DHAやEPAも摂取できるということです。

この相乗効果は、一般的な植物性のリン脂質(大豆に含まれる「大豆レシチン」など)とは全く違います。

実は、DHAやEPAと結合したリン脂質は「脳機能の改善」にも効果が高いという実験結果があります。

また、杏林大学の古賀良彦教授も、クリルオイルが脳の情報処理能力を高めるという研究結果を認めています。

つまり、脳機能にも良いのが「クリルオイル」と言えます。

さらに、女性にとっては大きな悩みになる「老化」ですが、アンチエイジングの効果が高い「アスタキサンチン」もクリルオイルには豊富に含まれています。

アスタキサンチンは抗酸化力に優れており、体内の活性酸素の除去、コレステロールの酸化を防ぐと言えます。

肌荒れ、シミやシワの緩和にも効果的であり、今では多くの化粧品メーカーがアスタキサンチンを採用しています。

そして、老化の予防は体の様々な場所に有効に働きます。

そのため、脳の老化による認知症の予防などもあります。


クリルオイルに副作用はないの?


クリルオイルの副作用を心配する人がいることは理解できます。

しかし、クリルオイルは、元々は「南極オキアミ」です。

オキアミはプランクトンに分類されています。

また、オキアミは食用としても販売されています。

つまり、海の中にいる食べられるプランクトンから抽出されたものを食べると、副作用があるかどうかと考えることになります。

これは、とてもナンセンスです。

オイルですから、過剰摂取は良くないと言えますが、それはどのような食べ物でも同じです。

食事でも食べすぎは体に良くありません。クリルオイルも同じと言えます。

過剰摂取にならなければ、副作用の心配は必要ないと言えます。

もちろん、魚介アレルギーなどがあれば、話は別です。

アレルギー物質に分類されるので、摂取は厳禁です。


クリルオイルの効果的な摂取方法はサプリメント


クリルオイルについては、およそ理解できたと思います。

すると、次に気になるのは、クリルオイルの摂取方法ですよね。

しかし、クリルオイルは南極オキアミから作られるので、簡単には摂取できません。

オキアミを料理に使っても、大量に食べることはやはり難しいですからね。

そこで、クリルオイルを効果的に摂取する方法としては、サプリメントによる摂取が考えられます。

クリルオイルのサプリメントであれば、オキアミを大量に食べるという変な食事をしなくても良いですからね。

ここからは「クリルオイルのサプリメント」を紹介していきます。

まずは「さくらの森」が販売しているきなりです。

こちらの「きなり」のオススメポイントは、クリルオイルが10mgも配合されていることに加えて、DHAとEPAが500mgも配合されている点です。

アスタキサンチンも摂取できますし、血液サラサラで有名になった「ナットウキナーゼ」も摂取できます。

魚臭さがなくて、とても継続しやすいと評判になっています。

クリルオイルの配合量もDHAやEPAの分量も、他のサプリメントよりも多い点ではこちらのサプリメントが良いと言えます。

他には「ひとみの恵 ルテイン40」も高評価です。

こちらは「株式会社ファイン」が販売しています。

主に「ルテイン」を摂取するサプリメントですが、クリルオイルは10mgも配合されています。

アスタキサンチンなども摂取できますが、DHAやEPAがどのくらい摂取できるかが分からない点は、少しマイナス面かも知れません。

それでも、低価格なので、クリルオイルを試してみるにはちょうど良いかも知れません。

価格は高くなりますが、100%クリルオイルのサプリメントとして人気が高いのは「極上クリル120粒」です。

こちらは「健美ライフ」が販売しています。

上記2つのサプリメントよりも高価ですが、100%クリルオイルということもあり、人気を博しています。

原材料が「クリルオイル・ゼラチン・グリセリン」のみなので、クリルオイルの効果をダイレクトに感じられるはずです。

ただし、DHAやEPAは少なめになっていて、合計で約170mgです。ここは少し残念ですね。

ちょっとだけ試してみたいという場合には「A・E・Dクリルオイル」が良いでしょう。

こちらは「グランドサン株式会社」が販売しています。

初回に限り、ワンコインで試すことができます。ただし、数日分だけです。

また、DHAやEPAも合計で約200mgと少なめなので、クリルオイルが体に合うかどうかを確かめるくらいでしょう。

また、海外製のクリルオイルの中には低価格の商品もありますが、安全性に疑問が残る商品が多いので、よく考えてから購入を検討してください。


まとめ


クリルオイルには様々な効果があります。

女性には嬉しい効果が多く、最も注目されていると言えるでしょう。

一方で、クリルオイルを摂取するにはサプリメントが最も効率的です。

そのため、クリルオイルを摂取したい場合には、サプリメントを吟味することが大切になります。

DHAやEPAの摂取目標量は、欧州食品安全機関は5g、厚生労働省は1g以上を推奨しています。

自分が1日にどのくらい青魚などを食べているかを念頭に置いて、サプリメントを選ぶのが良いですよ。