1. ホーム
  2. 血液サラサラ
  3. ≫血液をサラサラにする漢方薬とは?市販や通販で買えるもの

血液をサラサラにする漢方薬とは?市販や通販で買えるもの


ここでは「血液をサラサラにする漢方薬」を紹介します。

血液をサラサラにする漢方薬

漢方薬は体に優しい?


初めに「漢方薬は体に優しい」というイメージを持っている人も多いと思います。

これは、間違っていないと言えますが、正確でもないと言えます。

実は、漢方薬でも間違った用法や用量で飲んでしまうと、副作用が出てしまうおそれがあります。

体に優しい漢方薬だから、どんな服用方法でも問題ないと思ってはいけません。

そのことだけは、頭に入れておきましょう。

また、漢方薬は一般的な薬とは異なり、化学薬品ではありません。その点では、十分に体に優しいと言えます。

その代わりに、一般的な薬のように即効性はありません。

自然の中にある効果的な成分を含む生薬を上手に配合して、その生薬の効果を引き出すのが漢方薬です。

自然な形で存在するものですから、その効果も自然な形でしか現れません。

そのため、ゆっくりと体質を変えてくれますが、長く飲まなければならないという欠点もあります。

一方で、ゆっくりとしか効かない分、副作用は現れにくくなっています。

ただし、漢方薬局などで自分に合わせた漢方薬を調合してもらえば、素早く効果が出るだけでなく、ほぼ副作用がない漢方薬を手に入れることもできます。

その場合は、自分の症状に合わせたオーダーメイドの漢方薬となるため、自分だけしか飲めないというデメリットもあります。

家族であってもそれが体に合わないおそれもあるので、残った漢方薬も自分だけしか飲めないということになります。

また、漢方薬局によっては、価格が高くなることも予想されます。

そのため、一般的に販売されている漢方薬を使うことが良いでしょう。

普通に販売されている漢方薬であれば、価格が高くなりすぎることもありませんし、副作用が出るということもほとんどありません。

その点でも、とても使いやすいと言えます。

漢方薬がより自然な形で健康を取り戻せる方法であることは確かです。

そのため、副作用がほとんどなく、自然な形で健康になりたい、体調を整えたいという場合には、漢方薬を使うことが推奨されています。

どんな漢方薬が販売されているの?


ここからは、実際に販売されている漢方薬を紹介していきます。

成分や効能が少しずつ異なりますので、自分に合う漢方薬を探すときの参考にしてみてくださいね。

成分の解説については重複しているものも多くありますが、あえてそれぞれ解説しています。

ご了承ください。

丹心方(タンシンホウ)


株式会社ウチダ和漢薬が販売しています。

第二類医薬品に分類されています。

丹心方(タンシンホウ)の成分


こちらの漢方薬には、次のような生薬が使われています。

  • 川芎(センキュウ)2.250g
  • 芍薬(シャクヤク)2.250g
  • 紅花(コウカ)2.250g
  • 木香(モッコウ)1.125g
  • 香附子(コウブシ)1.125g
  • 丹参(タンジン)4.500g

丹心方(タンシンホウ)の効能


川芎(センキュウ)

「せり科」の植物で、国内では北海道などで栽培されています。

主な効能には「血液循環の促進」などがあります。

芍薬(シャクヤク)

「ぼたん科」の植物です。強張った筋肉を和らげてくれます。

つまり、血流が悪くなっている筋肉をほぐして、血流を改善する効果があると考えられます。

紅花(コウカ)

「きく科」の植物です。

古くは「末摘花(すえつむはな)」という名前でも知られており、今では「ベニバナ」という名前でも知られています。

血行促進の効果があることでも有名で、静脈の血液の流れを良くしてくれたり、生理痛など婦人病による血行不良などを改善したりする効能があります。

木香(モッコウ)

「きく科」の植物です。気の流れを良くしてくれます。

また、高血圧の改善、胃腸の調子を整える効能などがあります。

特に血流が悪くなることで引き起こされる高血圧などに効果的です。

香附子(コウブシ)

「カヤツリグサ科」の植物です。

気の巡りを良くする効果があるとされており、特に「血液をキレイにする効能」があります。

精神安定効果、胃腸を整えて消化吸収を改善する効果もあります。

丹参(タンジン)

「シソ科」の植物です。冠状動脈など、血管を拡張(広げる)効果があります。

また、血液の粘度を下げることで、血液の流れを改善したり血圧を下げたりしてくれます。

動脈硬化の予防など、血液をサラサラにする効果が最も期待できる成分です。


丹心方(タンシンホウ)が向いているのは?


30代以降の人で、どちらかと言えば高血圧であり、頭重感、肩こり、動悸、めまいなどがある人です。

血行不良など、血液の状態が悪くて生活習慣病のリスクが高まっている人にも向いています。

漢方サプリ「白井田七」の効果と副作用、口コミや評判を徹底分析しました!

イスラク冠元顆粒(イスラクカンゲンカリュウ)


イスラク産業株式会社が販売しています。

第二類医薬品に分類されています。

イスラク冠元顆粒(イスラクカンゲンカリュウ)の成分


こちらの漢方薬には、次のような生薬が使われています。

  • 紅花(コウカ)2.25g
  • 芍薬(シャクヤク)2.25g
  • 川芎(センキュウ)2.25g
  • 香附子(コウブシ)1.125g
  • 木香(モッコウ)1.125g
  • 丹参(タンジン)4.5g

使われている生薬は上記の「丹心方」と同じですが、どちらも合うとは限りません。

実際に試して比較するか、専門家に相談してみましょう。

イスラク冠元顆粒(イスラクカンゲンカリュウ)の効能


紅花(コウカ)

「きく科」の植物です。

紅花は、通常は乾燥した花弁が用いられます。

とどこおった血液の流れを解消する効果があり、血行が良くなります。

芍薬(シャクヤク)

「ぼたん科」の植物です。

造血作用もあり、血液の栄養を高めて、その血液を末端まで送り出しやすくしてくれます。

特に末梢血管の血流を改善するために用いられることがあります。

川芎(センキュウ)

「せり科」の植物です。血液の循環を改善してくれます。

頭痛や肩こりなどの鎮痛作用もあります。

香附子(コウブシ)

「カヤツリグサ科」の植物です。

血液をキレイにする浄血効果があります。

消炎効果・鎮痛効果もあります。

木香(モッコウ)

「きく科」の植物です。

ストレスなどが原因の「気滞(きたい)」を改善します。

気滞とは気の流れが悪くなっている状態で、体に様々な不調が現れる状態です。

血流の改善にも有効です。

丹参(タンジン)

「シソ科」の植物です。

特に脳や心臓の血液循環をスムーズにしてくれます。

動脈の拡張、血圧の低下などにも機能するため、血液はサラサラと流れやすくなります。


イスラク冠元顆粒(イスラクカンゲンカリュウ)が向いているのは?


30、40代以降の人で、血圧が高めの人に向いています。

症状は、肩こり、頭重、めまいなどがある人に向いています。

中性脂肪やコレステロールの数値が高いなど、生活習慣病のリスクが高まっている人、血行不良の症状がある人なども使えます。

錦上四川富貴廣(キンジョウシセンフウキコウ)


ジェーピーエス製薬株式会社が販売しています。

医薬品ではなく、栄養補助食品です。

錦上四川富貴廣(キンジョウシセンフウキコウ)の成分


こちらの漢方薬には、次のような生薬が使われています。

  • 田七人参(デンシチニンジン)1,500mg
  • 鶏血藤(ケイケットウ)600mg
  • 鬱金(ウコン)500mg
  • 霊芝(レイシ)400mg
  • 蛇胆(ジャタン)20mg
  • 蘇合香(ソゴウコウ)10mg

錦上四川富貴廣(キンジョウシセンフウキコウ)の効能


田七人参(デンシチニンジン)

「ウコギ科」の植物です。

別名は「三七人参(サンシチニンジン)」です。

原産地の中国では薬効のある植物として昔から知られており、輸出が禁止されていた歴史もあります。

そのため、特に貴重な生薬と言えます。

主な効能には、血糖値の数値を正常な状態にして、コレステロールや中性脂肪を低下させるように働くことがあります。

血管を拡張するようにも働くことで、血圧を低下させていく効能もあります。

他には、滋養強壮、止血作用、鎮痛作用などがあるとされています。

鶏血藤(ケイケットウ)

「まめ科」の植物である「ムラサキナツフジ」などから作られています。

ストレスなどによる血行障害を改善する効能があります。

また、体内器官の機能を高めて、減ってしまった血液を補うように作用します。

その結果、正常な血流に近づけてくれます。

鬱金(ウコン)

「ショウガ科」の植物です。

英語では「ターメリック」と呼ばれており、スパイスとしても有名です。

ウコン・ショウガなどを摂取すると、体がポカポカとします。

これもウコンの効能です。

血液の循環機能を活性化してくれて、血流を良くしてくれます。

痛み止めとしての効能もあります。

霊芝(レイシ)

「マンネンタケ科」のキノコです。

血糖値が正常な状態に近くなるようにコントロールする作用があり、血栓ができないようにしてくれる効能もあります。

血栓ができにくくなることで、血圧が下がることも認められています。

ガン予防にも効果的とされています。

蛇胆(ジャタン)

蛇の肝(胆のう・胆汁)です。

蛇の種類はマムシやニシキヘビなどです。

滋養強壮・解毒作用などがあります。

ホルモン分泌が促されることによって、体の機能も改善します。

血流も良くなることで、体内の毒素も排出されやすくなります。

蘇合香(ソゴウコウ)

「マンサク科」の植物から取れる樹脂です。

倦怠感や疲労感による脱力状態から回復させてくれて、意識をハッキリとさせる効能があります。

痛み止めの作用もあります。

痰を抑えてくれる効能もあります。


錦上四川富貴廣(キンジョウシセンフウキコウ)が向いているのは?


こちらは栄養補助食品です。特別な症状がなくても、問題なく摂取できます。

主に、血行不良、生活習慣病のリスクが高まっていると感じる人などに向いています。

滋養強壮の作用も高いので、30代以降の働き盛りの人に推奨されます。

漢方サプリ「白井田七」の効果と副作用、口コミや評判を徹底分析しました!

クラシエ霊田七(クラシエ レイデンシチ)


クラシエホールディングス株式会社が販売しています。

医薬品ではなく、健康補助食品です。

クラシエ霊田七(クラシエ レイデンシチ)の成分


こちらの漢方薬には、次のような生薬が使われています。

  • 田七人参(デンシチニンジン)750mg
  • 霊芝(レイシ)・橘皮(キッピ)エキス22mg(霊芝200mg・橘皮20mgより抽出)
  • 蘇合香(ソゴウコウ)40mg
  • 蛇胆(ジャタン)10mg


クラシエ霊田七(クラシエ レイデンシチ)の効能


田七人参(デンシチニンジン)

「ウコギ科」の植物です。

血圧を安定的にコントロールしてくれて、血流を正常に戻してくれる効能があります。

コレステロールや中性脂肪のコントロールにも効果的で、それぞれを正常値に近づけてくれます。

滋養強壮、免疫力の向上にも効果的に作用します。

霊芝(レイシ)

「マンネンタケ科」のキノコです。

血栓の生成を抑制してくれる効能があります。

また、血圧を調整する効能もあります。

免疫力を高めて、ガンなどを予防してくれる効能も期待できます。

橘皮(キッピ)

「ミカン科」のタチバナなどの果皮を乾燥させて作ります。

胃腸の調子を改善してくれます。

高い血圧を下げる効能もあり、高血圧の予防に効果的です。

また、炎症を抑える効能もあります。

蘇合香(ソゴウコウ)

「マンサク科」の植物から取れる樹脂です。

疲労状態などからの回復を促してくれて、意識をハッキリとさせる効能があります。

痛み止めとしての効能もあります。

蛇胆(ジャタン)

蛇の肝(胆のう・胆汁)です。

滋養強壮効果が高く、代謝機能が向上します。

また、代謝機能の向上に伴って血流も改善されるので、血液中の老廃物の排出機能も向上します。


クラシエ霊田七(クラシエ レイデンシチ)が向いているのは?


こちらは健康補助食品です。

病気の症状がなく、冷え性、血行不良などの体の不調がある場合でも問題なく服用できます。

30代以降の中年で、健康上の不安がある人が健康維持のために服用する場合に向いています。

漢方サプリ「白井田七」の効果と副作用、口コミや評判を徹底分析しました!

吉祥蘇霊廣(キッショウソレイコウ)


松浦薬業株式会社が販売しています。医薬品ではなく、健康食品です。

吉祥蘇霊廣(キッショウソレイコウ)の成分


こちらの漢方薬には、次のような生薬が使われています。

  • 田七人参(デンシチニンジン)1,500mg
  • 霊芝(レイシ)400mg
  • 蘇合香(ソゴウコウ)80mg
  • 蜜柑果皮(ミカンカヒ)40mg
  • 蛇胆(ジャタン)20mg

吉祥蘇霊廣(キッショウソレイコウ)の効能


田七人参(デンシチニンジン)

「ウコギ科」の植物です。

血圧や血流の改善に効果的な作用があります。

コレステロールや中性脂肪のコントロールにも効果的に作用して、正常な状態に近くする効能を持っています。

強精作用や免疫力アップの作用もあります。

霊芝(レイシ)

「マンネンタケ科」のキノコです。

血圧の調整作用があります。

免疫力を向上して、様々な病気を予防するために機能します。

蘇合香(ソゴウコウ)

「マンサク科」の植物から取れる樹脂です。

脱力状態からの回復に効果的で、意識を明確にしてくれる作用を持ちます。

鎮痛作用もありますが、効果は弱いとされています。

蜜柑果皮(ミカンカヒ)

ミカンの果皮(果実部分の全て)です。

上記の橘皮と同様の効果があり、橘皮にミカンが使われることもあります。

血圧を調整して、高血圧を予防してくれます。炎症も抑制してくれます。

蛇胆(ジャタン)

蛇の肝(胆のう・胆汁)です。

強精効果があり、体の代謝機能をアップします。

代謝機能のアップにより血流も改善します。

その結果、老廃物の排出機能も向上します。


吉祥蘇霊廣(キッショウソレイコウ)が向いているのは?


こちらは健康食品です。

体力の低下を感じる人、飲酒する人など、生活習慣病が気になる人や健康面に不安がある人に向いています。

体脂肪の増加、血行不良など、代謝機能が低下し始めた30代以降の人に向いています。

困ったときは?


漢方薬と一口に言っても、第二類医薬品から健康食品まで様々な商品があります。

特に第二類医薬品であれば、病気でもないのに服用するのは不安になることもありますよね。

そこで、血液をサラサラにしたい人が漢方薬を選ぶときの目安を紹介します。

どの漢方薬を選べば良いか迷ったときには、こちらの目安を参考にしてみてくださいね。

例えば、血液検査の結果が悪かったなど、健康増進を考えて漢方薬を選ぶ場合、第二類医薬品は選びにくいですよね。

まだ病気ではないので、医薬品を飲むことには抵抗を感じるのも仕方ないと思います。

そのような場合には、漢方薬に含まれる「生薬」を基準に選ぶと良いですよ。

血液をサラサラにする効果が高い主な生薬は、次の2つです。

  • 丹参(タンジン)
  • 田七人参(デンシチニンジン)

他の成分も血流の改善や血液をサラサラにする効能がありますが、この2つが特に血液をサラサラにする効果が高いと言えます。

そのため、漢方薬の選びかたで迷った場合には、この2つの成分が含まれている漢方薬から選ぶと良いですよ。

また、肩こりや頭重・動悸など、血行不良が主な原因になる症状がある場合には、第二類医薬品の漢方薬を選んでも良いと言えます。

一方で、特に症状はないけれど、血液検査の結果が悪かったり、生活習慣病が気になったりする場合には、健康食品・栄養補助食品などを選ぶようにすると良いですよ。

どうしても分からない場合には、漢方薬局で漢方薬を処方してもらうことが良いでしょう。

もしも、漢方薬局を訪れる時間がない場合には、近くの薬局・ドラッグストアにいる薬剤師に相談してみましょう。

漢方薬でも医薬品や健康食品として販売されているので、薬剤師に相談すれば適切なアドバイスをしてもらえますよ。

田七人参と有機玄米(ゆうきげんまい)だけで作られている白井田七というサプリメントもあります。

添加物が気になる方はこちらのサプリメントもおすすめです。⇒ 白井田七

まとめ


血液をサラサラにしたいとき、体に優しい漢方薬を選びたい人もいると思います。

その場合は「丹参(タンジン)」や「田七人参(デンシチニンジン)」を含む漢方薬を選ぶと良いですよ。

また、頭重・肩こりなどの症状が現れている場合には「第二類医薬品」の漢方薬も視野に入れて選び、症状がない場合には「健康食品・栄養補助食品・健康補助食品」などの漢方薬から選ぶようにすると良いでしょう。

下記ページに、田七人参を使用した健康食品(錠剤サプリメント)のことを詳しく書きましたので、気になる方がいましたらご覧ください。

漢方サプリ「白井田七」の効果と副作用、口コミや評判を徹底分析しました!