1. ホーム
  2. 血液サラサラ
  3. ≫血液をサラサラに変える食べ物とは?ドロドロの血液は不健康!

血液をサラサラに変える食べ物とは?ドロドロの血液は不健康!

血液をサラサラにする和食
人はいつまでも健康でいたいと願います。

しかし身体というものはいくら注意をしていても不調を感じる事があります。

これは体内の血液の流れに原因があるのです。

ゴミや不要物等が濁流に混じり合いながら、ドロドロと流れていく泥水の川の流れを想像してみてください。

更にこのような流れが体内の血流だと想像すると、考えただけでも恐ろしいですね。

一度このような状態になると綺麗な澄んだ水に戻す事は非常に大変な事なのですが、血液も同じことが言えます。

その為日頃の生活環境にはかなり注意しなければなりません。

血液ドロドロにはストレス、運動不足、そして食生活の乱れと様々な要因があります。

まずはこれらの改善が必要となるのですが、中でも食生活には最もこだわりが欲しいところです。

血液サラサラにする食べ物や栄養成分


青魚

血液サラサラにする為の食事は和食が効果的と言われます。

これは、血液をサラサラにする効果が期待できる食材が基本となって作られているからです。

EPAやDHAと言う栄養成分を聞いた事のある人も多いと思いますが、青魚に多く含まれています。

これらは身体に必要な脂肪の主成分なのですが、血流の悪さによる血管の詰まりを防ぐ効果が期待できます。

また中性脂肪値を下げたり抑制したりする、心筋梗塞や脳梗塞、動脈硬化等の予防対策食材とも言えます。

青魚にはイワシ、アジ、サンマ、サバ等があり、調理法には人それぞれに好みがありますので、工夫をして一日一食は献立に取り入れましょう。

お刺身で食べると加熱処理が無いので、EPAやDHAも食材にそのまま残りますからしっかりと体内に取り入れられます。

また汁物にして、汁も一緒に食べると効果的です。

他にホイル焼きやフライパンでの調理で食材から落ちる汁も一緒に食べると良いです。

そしてたまには缶詰を利用する事があっても十分にEPAやDHAは摂れ、精神的にも楽ですね。

ただ、網焼きは脂が流れ落ちてしまうので好ましくありません。

ふだんの食事で魚が少ない方は、サプリメントから摂取すると楽に取り入れることができます。

失敗しないDHA・EPAサプリ選び方。5つのポイントとは?


大豆製品や発酵食品


大豆や発酵食品も高い効果が期待できます。特に納豆はお勧めです。

ナットウキナーゼと言う成分は血栓を溶かす重大なサラサラ作用があります。

調理をしなくてもそのまま摂る事が出来る食材ですから、負担無く気軽に食べられますね。

これを夕食に摂ると効果的です。

ただ納豆が嫌いと言う人もいますので、この場合には豆腐だと食べやすいでしょう。

他に味噌、醤油、チーズ等もその効果は抜群です。

野菜


身体の中の不要な活性酸素を除去し血流を良くしたり、血液が固まり血管を塞ぐ事を予防する効果が期待できる野菜には様々な栄養素が含まれています。

玉ねぎやニンニクやネギなどが良いという事はもう知っている人も多いのですが、その栄養価から考えれば緑黄色野菜と淡色野菜などのほとんどは血液をサラサラにする働きをします。

緑黄色野菜

ブロコリー、トマト、ほうれん草、カボチャ、小松菜、春菊、オクラ等の濃い色の野菜です。

淡色野菜

玉ねぎ、しょうが、大根、白菜、キャベツ、ナス、きゅーり、ゴボウ等の薄い色の野菜です。

これらを一日350g摂る事が理想的です。そしてどの野菜もバランスよく摂取する事が大事なのです。

野菜は一日三食が理想的なのですが、それだけ摂ろうと思えばお腹いっぱいで他の食材が摂りにくいですね。

その為野菜ジュースにして食間に飲むと栄養も偏らず食事を楽しむ事が出来ます。

果物


くだものは、身体が不要な活性酸素を除去する働きや血流促進効果があり、特にビタミンCやEがたっぷりと含まれているのでその効果も高く期待できます。

その為意識して摂る事が好ましいです。

キウイフルーツやイチゴ、グレープフルーツやミカン、マンゴ、メロン、リンゴ、バナナ等でフレッシュな気分にもなれます。
 

お酢や梅干し


お酢や梅干し等も重要食材です。

クエン酸が含まれていますので血液の固まりを防止し、疲労回復にも効果的です。

海藻類


海藻類であるわかめ、昆布、ひじき、もずく、めかぶ等も摂り入れたい食材ですし、血流促進効果もあり血栓を溶かす効果も期待できるものです。

チョコレート


またチョコレートや赤ワインも活性酸素除去効果や血流促進効果が期待できます。

毎日の食事をバランス良く楽しんで摂る事が健康維持の為にも血液サラサラにする為にも望まれる事ですね。