1. ホーム
  2. 高血圧
  3. ≫血圧を下げる漢方薬とは?ツムラから販売されてる6種類

血圧を下げる漢方薬とは?ツムラから販売されてる6種類


血圧を下げる漢方薬
高血圧に限らず漢方薬は、普通の医薬品とは違い1つの生薬が複数の効果を持っており、その生薬を複数組み合わせてできているため、一つの漢方でも複数の疾患に効果があるとされています。

言い換えると、複数の疾患や身体的疲労に対して一つの漢方でさまざまな効果を発揮する場合があります。

この漢方薬は病院から処方医薬品として、医師に処方箋を書いてもらい処方してもらう方法とドラックストアでOTC(一般用医薬品)の漢方を購入する方法で手に入れることができます。

どちらの漢方も名前が同じものが存在しますが、生薬の配合量が多少異なることがありますが、大きな違いはほとんどありません。

高血圧の症状の方のためにツムラから販売されている漢方薬は6種類あります。


釣藤散(ちょうとうさん)


中年以降で高血圧の傾向にある人の頭痛に

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)


のぼせ、顔面紅潮、不眠、気分の不安定などに

柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうぼれいとう)


血圧が高く、動悸、不安、不眠を伴う人に

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)


比較的体力があり、のぼせて、便秘の傾向がある人の高血圧に伴う頭痛、めまい、肩こりに

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)


腹部に皮下脂肪が多く、便秘の傾向がある人の高血圧に伴う動悸、肩こり、のぼせに

大柴胡湯(だいさいことう)


がっしりとした体格で便秘の傾向のある人の高血圧に伴う肩こり、頭痛に


上に記載したものを見て頂くと分かると思いますが、漢方には体力区分やさまざまな諸症状についての記載があります。

これらすべてに当てはまらなくても服用することは可能と言われています。

血圧が高めで気になる方へおすすめ。漢方の白井田七サプリ。


漢方を選ぶ利点


生薬が天然物ということで、安心して飲み続けることができるということです。

しかし、天然物であるがゆえに品質のばらつきが大きい医薬品であるということも言えます。

また、風邪薬などの漢方薬は即効性の効果もありますが、高めの血圧や慢性的な肩こりなど慢性的なものは継続して飲むことが重要となります。

漢方薬は飲みづらい?


漢方というと粉薬で苦くておいしくないという印象が強いのではないのでしょうか。

実は、漢方にもさまざまな剤形が存在しており、漢方の種類によっては錠剤の形のものもあります。

その場合、錠数が多いこともありますが、人によっては粉薬より飲みやすいかもしれませんね。

まとめ


一般的に漢方と医師から処方される医薬品を併用することは可能と言われていますが、薬によっては作用が強くなることもあります。

OTC(一般用医薬品)の漢方薬や他病院から漢方薬をもらっている場合は、必ずかかりつけの医師や薬剤師に伝えるようにしましょう。