1. ホーム
  2. 血糖値
  3. ≫アイスプラントの効能とサプリメント【どんな野菜?】

アイスプラントの効能とサプリメント【どんな野菜?】

アイスプラント
血糖値に良い影響を与えるといわれて注目されているアイスプラント(ソルトリーフ)。

スーパーなどでときどき見かけることもありますが、氷の粒のような小さなツブツブがたくさんついた野菜です。

どのような野菜なのか、まとめました。

アイスプラントはどんな野菜?


アイスプラントは南アフリカ原産の多肉植物です。

葉物野菜のように見えますが、実はサボテンの仲間の多肉植物です。

日本国内では佐賀県で初めて栽培されました。

アイスプラントは地中のミネラルを吸い上げる力がある「吸塩植物」と呼ばれる植物です。

ミネラルだけでなく、害になるものも吸収してしまうため、国内で栽培されているものはほとんどが水耕栽培です。

粒粒に見えるものは「ブラッター細胞」と言われる細胞で、中に水分やミネラル、特に塩分を含んで膨らみます。

塩分の多い地域が原産のため、表面を覆うキラキラとした粒は塩分をはじめとするミネラル類が集まった細胞です。

口に入れるとプチプチとはじける食感で、地中の塩分を吸い上げる効果があるため塩味がします。

水分量の多い野菜ですが、収穫されてから時間が経つと乾燥して水分量がどんどん減っていきます。

買うときは重量感のあるものを選びましょう。

アイスプラントの食べ方


サラダなど生で食べるのに向いています。

シャキシャキしたほのかな塩味が楽しめます。

多肉植物なので、ホウレンソウなどに連想する繊維質はほぼ感じません。

見た目と食感が持ち味の野菜なので、加熱しすぎには注意が必要です。

さっとゆでてお浸し程度の加熱なら、食味を失うことはありません。

青菜ではないので、青菜特有のえぐみや青臭さもありません。

ですが逆に、ほのかな塩味以外は特徴がありません。

表面のブラッター細胞の表面には、塩の結晶がついています。

洗いすぎると流れてしまい、せっかくのほのかな塩味は失われてしまうので、さっと洗う程度にとどめましょう。

ほとんどのアイスプラントは水耕栽培によるものです(表示は確認してください)。

水耕栽培のアイスプラントは、土壌がついている可能性もありませんから、さっと水を通すだけで食べられます。

アイスプラントに含まれている栄養素


ピニトール


糖輸送担体(GLUT4)の働きによって血液中のブドウ糖は細胞に取り込まれます。

この働きを活性化させ、血糖を細胞内に蓄積させる効果があります。

そのため、食後血糖値の急激な上昇を抑制するなどの効果があります。

血糖値が高い状態が続くと、糖輸送担体の働きは弱まってきます。

ピニトールは低下した糖輸送担体の働きを促進する作用が考えられているため、「植物性インスリン用物質」とも呼ばれています。

体内に入るとカイロイノシトールという物質になります。

イノシトールは「抗脂肪肝ビタミン」と呼ばれる機能成分です。

脂肪肝や動脈硬化の予防、神経細胞を正常に保つサポートをする成分です。

脂肪が肝臓に蓄積して脂肪肝になるのを予防することから、生活習慣病の予防や改善効果があるとして注目されています。

髪の毛をつやつやに保つ効果もあります。

ピニトールの入ったサプリ「グラシトール」の詳細はこちら。

カリウム、マグネシウムなどのミネラル


アイスプラントは塩分や土中のミネラルを吸収する力を持っています。

多かれ少なかれ植物には備わっている力ですが、アイスプラントは群を抜いてこの能力が高い植物です。

そのため、カリウムやマグネシウムなどのミネラルを豊富に持つ植物です。

βカロテン


レタスのおよそ3倍といわれるβカロテンを含んでいます。

βカロテンは抗酸化作用のある物質として知られ、体内でビタミンAに変換されて視力や粘膜、皮膚を健康に維持する働きがあります。

特に呼吸器系等を守る働きが強いと考えられています。

βカロテンの持つ抗酸化力は、細胞を傷つける活性酸素の害を防止してくれます。

アイスプラントのサプリメント


血糖値を気にする方なら気になるアイスプラントですが、頻繁にスーパーで見かける方はほんのわずかではないでしょうか。

爆発的に売れる野菜ではなく、いわば嗜好品的な野菜なので、普段はおいていないスーパーも珍しくありません。

アイスプラントのサプリメントを探してみました。

すると、アイスプラントのサプリメントは、ほとんどが「妊活」用だということが分かりました。

神経細胞の働きを正常化するため、妊娠という体に大きな影響を与えるものにさえ効果があるとされて注目されています。

そのことからも、ピニトールが体に及ぼす影響の大きさが推測できます。

血糖値対策にアイスプラントを使用しているサプリメントは、現在のところ「グラシトール」ただひとつです。

グラシトール


グラシトール
糖尿病を予防するピニトールの1日の摂取目標量は300㎎。

その300㎎を補うことができるサプリメントです。

抗脂肪肝ビタミンといわれる天然物質で、血糖値の急激な上昇を抑制したり、脂肪肝を防いだりという生活習慣病予防の効果があります。

ピニトールは通常私たちが食べる食品中に含まれている成分ですが、その量は微々たるものです。

1日量を摂るためには、豆乳なら800ml、大豆なら約500粒、ルイボスティなら約100杯と、なかなか実現的でない数字となってしまいます。

アイスプラントはピニトールのg当たりの含有量がトップクラスと非常に多い植物です。

そのアイスプラント粉末を使ったサプリメントが「グラシトール」です。

ピニトールが糖輸送担体を活性化させ、誰しも持っている骨格筋を動かすエネルギー源として細胞内に糖を蓄積させる働きを高めます。

すると、血液中にある血糖が下がり、食後の急激な血糖値上昇を抑えられます。

血糖が高い状態が続いていると、血管は傷んできます。

末梢の細い血管から傷み始めるため、動脈硬化や末梢神経障害などの困った状態に結びつきやすくなってしまうのです。

血管内の血糖値を下げることでインスリンと似た働きをするため、ピニトールは植物性インスリンと呼ばれています。

植物性インスリンの働きで血糖値の上昇を穏やかにし、糖尿病の発症リスクから遠ざかりましょう。

アイスプラントが使われている代表的な妊活サプリもひとつあげておきます。

毎日の「糖」が気になる方に「グラシトール」!

VEGEMAMA(ベジママ)


ピニトールには、神経細胞が正常に働くのをサポートする働きがあります。

その力が体のリズムを整えるのに効果があるとして、妊活サプリに使われています。

妊活サプリ「ベジママ」の公式サイトはこちら。