1. ホーム
  2. 血糖値
  3. ≫ヘモグロビンA1c(HbA1c)の基準値

ヘモグロビンA1c(HbA1c)の基準値

ヘモグロビンの検査結果を伝える医者
糖尿病の治療が順調に行われているかということを測るため、血糖値を測るのと同時にヘモグロビンA1cを測ることがあります。

血糖検査で血糖値は分かるはずなのに、なぜさらに検査するのでしょう?

なんでヘモグロビンA1cを測るの?


ヘモグロビンA1cを測ると、ここ1~2か月の血糖値の平均が分かります。

「血糖値」は今日の食事の内容などによって上下しますが、ヘモグロビンA1cの検査をするとその時限りの血糖値でなく、安定した値を知ることができるのです。

スポンサーリンク

ヘモグロビンA1cの基準値


ヘモグロビンA1cの目安は次のように分けられています。

  • 5.8%未満 かなり良い
  • 5.8%~6.4% 普通~良い
  • 6.5%~7.0% あまり良くない
  • 7.0%~8.0% 悪い
  • 8.0%以上 かなり悪い

※この指標は、文献やサイトによって若干異なります。

ここでは、『よくわかる糖尿病』(廣済堂出版 春日雅人著』を参考にしました。

「健康」と分類されるヘモグロビンA1cの値は、4.3%~5.8%です。

年代によっても若干違うのですが、基準値は以下となります。

  • 20代男性 5.3% 女性 5.2%
  • 30代男女 5.4%
  • 40代男性 5.4% 女性 5.5%
  • 50代男性 5.8% 女性 5.7%
  • 60代男性 6.0% 女性 5.9%

ヘモグロビンA1cとは


ヘモグロビンA1cは、血液中に含まれている赤血球ヘモグロビンとブドウ糖が結合したものです。

糖と結合したもの、と言う意味でグルコヘモグロビンと呼ぶこともあります。

血液中のブドウ糖が多いとヘモグロビンA1cはたくさん作られ、ブドウ糖が少ない状態だとあまり作られません。

血液中のヘモグロビンA1cの割合を知ることによって、どのくらい血液に糖が含まれていたかが分かります。

ヘモグロビンの寿命は長く、1~2か月です。

その1~2か月の間、血糖値の平均を反映することがわかっているので、その日だけの血糖値ではなく、中期的な血液の状態を知ることができるのです。

血糖値を測ったら下がっていたけれど、ヘモグロビンA1cは上がっていたというのは、良い状態ではありません。

その日たまたま下がっただけで、この1~2か月はずっと高血糖の状態が続いていたということになります。

血糖値を測ったら上がっていたけれど、ヘモグロビンA1cは下がっていたという場合は、たまたま検査時に血糖値が高い状態があった、というだけで全体的には血糖は改善の方向に向かっています。

糖尿病の治療が順調に進んでいるかどうかを知ることができる重要な指標の一つが、ヘモグロビンA1cです。

ヘモグロビンA1c検査のメリット


検査の前後に食事を食べても数値が変わることが無いため、タイミングを選ばずに採血ができます。

空腹時でなくても測れるので、検査の際に食事を抜く必要がありません。

貧血があったり、肝硬変などの病気がある患者さんはヘモグロビンA1cが本来の血糖状態よりも少なく出ることがありますので、注意が必要です。

グリコアルブミンではいけないの?


グリコアルブミンのほうが寿命が短いので、ヘモグロビンA1cのほうが理想的です。

グリコアルブミンとは、血液の中の最も豊富なタンパク質、アルブミンとブドウ糖が結合したものです。

グリコアルブミンの反映する血糖値は、過去数週間から長くて1か月程度の間です。

ちなみに、グリコアルブミンの正常値は11~16%です。

スポンサーリンク

ヘモグロビンA1cが基準値より高い場合は?


食後の血糖値に全く問題が無い値は5.3%以下(年代を問わず)と言われています。

これより高い場合は、注意が必要です。

血糖は、年を取るにしたがって改善されるということはありません。

今5.9%の状態を放置しておくと、数年以内に6~6.9%になることがわかっています。

7%以上になると、合併症も少しずつ進んできます。

8.4%以上を放置すると、5年ほどで足の感覚がマヒする神経以上が始まり、7~10年で失明に到る可能性のある視力の低下、10~13年で腎不全となる可能性が示唆されています。

ガンなどの確率も上がります。

基準値より高かった場合は、運動習慣や食習慣を改めるなどの配慮が必要です。

ヘモグロビンA1cが基準値より低い場合は?


貧血や肝機能障害などがあると必要以上に低く出ることがあります。

これらの病気が隠れている可能性もありますので、やはり病院で検査を受けることをおすすめします。

血糖値で後悔する前に!おすすめサプリ

ルックルック
ルックルックイヌリンプラス
5
成分菊芋、イヌリン、玉ねぎ、納豆、ビフィズス菌、サラシア、桑葉
価格定期お届けコース(1袋)初回2,980円(税込)、2回目以降4,276円(税込)
送料送料無料
返金保証なし
ルックルックイヌリンプラス

毎日のご飯が楽しみになった!との声が多い「ルックルックイヌリンプラス」。

菊芋の成分「イヌリン」を中心に配合しており、1袋に食物繊維がレタス153個分含まれています。

イヌリンのほかに、納豆、玉ねぎ、ビフィズス菌、サラシア、桑葉といった自然由来の成分ふくまれており、低糖対策をサポートしてくれます。

定期コースはいつでも中止・変更(次回お届けの10日前までに)できるので、最初の1袋を気軽にお試しすることができます。

グラシトール
アグリ生活
グラシトール
3
成分アイスプラント(ピニトール)
価格初回限定1,935円(税抜)、2回目以降3,870円(税抜)
送料送料無料
返金保証なし

新食感野菜のアイスプラント(無農薬栽培)の成分「ピニトール」を配合。

ピニトールは糖バランスを良くする成分で、日常生活では多く摂ることが難しい成分です。

妊娠中や授乳中の方でも安心して飲めるほどのサプリです。