1. ホーム
  2. 血糖値
  3. ≫血糖値を下げるグァバ茶の効果【おすすめのグァバ茶】

血糖値を下げるグァバ茶の効果【おすすめのグァバ茶】

グァバ茶
熱帯アメリカ原産のグァバは、血糖値を下げるお茶として民間療法にも使われています。

日本では鹿児島県でも生産されているグァバ茶の効能を紹介します。

グァバ茶はなぜ血糖値を下げる?


グァバの葉にはポリフェノールが豊富に含まれています。

このポリフェノールに血糖値を下げる働きがあります。

グァバの葉に含まれるポリフェノールは、取り分けて「グァバ葉ポリフェノール」と呼ばれることもあります。

ポリフェノールとは、植物の持つ特有の栄養素です。

アントシアニン、レスベラトロール、イソフラボンなどもポリフェノールです。

すべてのポリフェノールは強力な抗酸化作用を持つため、生活習慣病の予防に有効と言われています。

グァバの葉に含まれるポリフェノールは、糖質をブドウ糖に分解する酵素の働きを抑える効果があります。

糖質はブドウ糖に分解されることで小腸から吸収されますので、吸収されるブドウ糖の量を減らせるポリフェノールは血糖値の上昇を穏やかにする力があるのです。

食後血糖値の上昇をゆっくりにすることで、膵臓は過剰なインスリン分泌をしなくて済むようになします。

過剰なインスリン分泌を繰り返しているうちに、膵臓が疲弊して正しいインスリンの量が分泌できなくなるのが糖尿病です。

糖尿病になると、血管や臓器が傷んできます。

動脈硬化や神経障害など、様々な病気のもとになります。

一度なったら完治は難しいとされているので、ぜひ予防の段階から注意しましょう。


グァバ茶の血糖値以外の効果


グァバは、グァバ葉ポリフェノールのほかにもビタミンCやカリウム、タンニンやケルセチンなどを含んでいます。

体内での脂肪合成を減らします


体内でエネルギーとして使われなかったブドウ糖は、肝臓で脂肪に再合成されて蓄積されます。

胎内に吸収されるブドウ糖の総量を減らすことにより、合成される脂肪量が減ります。

腸内環境を整える効果があります


グァバの葉には食物繊維も豊富に含まれています。

食物繊維は腸内環境を整え、便秘や下痢になりにくくする働きがあります。

動脈硬化・高血圧を予防する働きがあります


グァバにはビタミンCや食物繊維が含まれています。

これらは血液中の悪玉コレステロールを減らし、血液をサラサラにする効果があります。

悪玉コレステロールの増加によって動脈硬化が進行するため、グァバは動脈硬化を予防する働きがあると考えられています。

また、血液中のナトリウムとカリウムのバランスを取り、浸透圧を調節するために高血圧を予防できる効果もあります。

美肌効果


グァバにはビタミンCやビタミンEが豊富に含まれています。

これらは美肌を保つには欠かせない栄養素です。


グァバ茶の飲み方


急須で入れる場合


急須にグァバ茶かティーバッグを入れ、熱湯を注いで1分~3分ムラして出来上がりです。

やかんで入れる場合


やかんに水とティーバッグを入れ、沸騰してから弱火で10分ほど煮出します。


おすすめのグァバ茶


グァバ茶 沖縄石垣島産 (マルシェ ピュア)




国内栽培、国内加工のグァバ茶です。

残留農薬検査を250項目でクリアしています。

グァバ茶(がばい農園株式会社)




国内有機栽培のグァバ茶です。有機JASの認定を受けています。

このほかにもさまざまなグァバ茶がありますが、残留農薬等が心配な方は国産のものを探すか、有機無農薬(あるいは有機低農薬)のものを探すと安心です。

お茶を健康促進の手段として使う場合は、飲み続けることが必要になります。

飲み続けることを考えると、できるだけ農薬や添加物はないほうがよいと思います。


「血糖値に効果がある」お茶の注意点


だからと言って糖質の食べすぎは危険


糖質がブドウ糖に分解されるのを防ぐポリフェノールの働きはあるといっても、糖質の分解の総量が極端に減るわけではありません。

一気に吸収されることがある程度防げるというだけで、摂取した糖質の量は減るわけではありません。

飲まないよりはゆっくりとした上昇になるとしても、最終的に吸収される糖質の量に大きな差はありません。

グァバ茶を飲んでいるからと言って安心しすぎず、食事治療や運動療法はきちんと続けてください。

飲みすぎには注意しましょう


グァバは蕃石榴葉というれっきとした漢方薬です。

中国では薬として使われている葉なので、もちろん上限がありますし、摂取しすぎれば副作用もあります。

漢方薬で上限と決められているのは9g。それ以上の摂取を続けた場合、腎臓や肝臓に副作用の出る可能性もあるということなので、くれぐれも飲みすぎには注意しましょう。

なお、グァバ茶の有効成分は三煎目まで出ます。

9gだと1回で終わってしまう、と思いがちですが3回目まで使えます。

急須やカップに熱湯を注いで出す場合には3回までですが、やかんで煮出す場合には1回ですので気を付けましょう。

やかんで煮出す際は、その分、カップ3杯分ほどのお湯で煮出すことができます。

運動・食事のサポートに使って、血糖値に対する不安を減らしていきましょう。

血糖値で後悔する前に!おすすめサプリ

ルックルック
ルックルックイヌリンプラス
5
成分菊芋、イヌリン、玉ねぎ、納豆、ビフィズス菌、サラシア、桑葉
価格定期お届けコース(1袋)初回2,980円(税込)、2回目以降4,276円(税込)
送料送料無料
返金保証なし
ルックルックイヌリンプラス

毎日のご飯が楽しみになった!との声が多い「ルックルックイヌリンプラス」。

菊芋の成分「イヌリン」を中心に配合しており、1袋に食物繊維がレタス153個分含まれています。

イヌリンのほかに、納豆、玉ねぎ、ビフィズス菌、サラシア、桑葉といった自然由来の成分ふくまれており、低糖対策をサポートしてくれます。

定期コースはいつでも中止・変更(次回お届けの10日前までに)できるので、最初の1袋を気軽にお試しすることができます。

グラシトール
アグリ生活
グラシトール
3
成分アイスプラント(ピニトール)
価格初回限定1,935円(税抜)、2回目以降3,870円(税抜)
送料送料無料
返金保証なし

新食感野菜のアイスプラント(無農薬栽培)の成分「ピニトール」を配合。

ピニトールは糖バランスを良くする成分で、日常生活では多く摂ることが難しい成分です。

妊娠中や授乳中の方でも安心して飲めるほどのサプリです。