1. ホーム
  2. 血糖値
  3. ≫アラプラス糖ダウンの効果と副作用とは?

アラプラス糖ダウンの効果と副作用とは?


プラチナより高価(製造元)と言われるくらい、希少な成分を配合した機能性表示食品がアラプラス糖ダウンです。

アラプラス 糖ダウンについてご紹介します。

アラプラス 糖ダウンが初回2,646円(税込)で購入できる定期コースはこちら。

アラプラス 糖ダウンの効果


アラプラス糖ダウンは、ALA(5-アミノレブリン酸リン酸塩)によって食事で摂取した糖をエネルギーに変える働きを持つサプリメントです。

今までの血糖値対策のサプリメントは、デンプンなどの炭水化物を糖に分解する酵素の働きを阻害することによって吸収を抑え、排泄を促すものが一般的でした。

アラプラス糖ダウンは、その糖をエネルギーに変えることによって代謝を高め、空腹時と食後の血糖値対策ができるよう考え出されたものです。

糖の吸収を抑制するタイプのものは、食事と一緒に摂らなければ意味がないため、食事の際に飲み忘れると、次の食事まで飲むタイミングを待たなければなりません。

アラプラス糖ダウンは、1日のうちにどのタイミングで飲んでもよいため、飲めない日がありません。

続けやすいサプリメントと言うことができます。

ALA(5-アミノレブリン酸リン酸塩)とは


糖の燃焼を促し、健康な糖代謝をサポートする成分です。

吸収した糖をエネルギーに変えることにより、基礎代謝を正常に保つサポートをします。

体内のエネルギーのうち95%はミトコンドリアと言う小さな機関で生成されますが、ALA由来の酵素がミトコンドリアに働きかける効果があるとしてさまざまな分野に応用されています。

最近では化粧品などにも配合されています。

36億年前に地球に生命が誕生した際の最も重要な役割を果たしたということからも、生体のエネルギーに良い効果があるのではないかと注目されています。

ALAは野菜にも多く含まれている成分です。

ですが、その割合は非常に少なく、アラプラス 糖ダウンの1日分(1錠)に含まれている量を野菜で取ろうとすると、トマトだと約150㎏以上、ほうれん草だと約93㎏以上を食べなければなりません。

空腹時血糖と食後血糖値をダブルでダウンさせる働きが消費者庁に認められ、機能性表示食品として認められています。

臨床試験では、アラプラス糖ダウンを3か月摂取すると、高めだった血糖値が低下するという効果が見られています。

薬ではないので、すぐに効果が出ることはありません。

継続するのが大切です。

アラプラス 糖ダウンはどこで売っている?


アラプラス糖ダウンは、ドラッグストアなどでは店頭販売していません。

通信販売のみとなります。

ネット通販大手の楽天やアマゾンでも販売しています。

1箱単位でしか買えません。

お得に買おうと思ったら、公式サイトで定期購入コースを選ぶのが一番リーズナブルです。

ダイエットに使える?


ダイエットに使えるという効果は言われていません。

ですが、糖代謝を高める働きはあります。

血糖値が高めの方は、肥満体型の人も多いとされています。

肥満体型は代謝が悪く、余剰エネルギーが体の中に貯めこまれてしまっている状態を言います。

アラプラス 糖ダウンだけでダイエットができるとは言えませんが、運動や食事と組み合わせることによってダイエットのサポートが得られると考えられています。

アラプラス 糖ダウンの副作用


副作用は報告されていません。

ですが、飲用に注意が必要なことはあります。

対象者は「血糖値が高めの方」です


妊婦さんや授乳婦さん、未成年の方やすでに何らかの病気に罹患している方を対象とした機能性表示食品ではありません。

そのため、上記のような人は影響が出ないとも限りませんので、特に妊婦さんや病気に罹患している方が飲む場合は、医師に相談してください。

ほかの医薬品を服用している方は医師に相談が必要です


アラプラス糖ダウンは薬ではありませんので、服用によって劇的に何かが変わることはありません。

ですが、飲んでいる薬がある方は、薬の成分によっては効果を阻害してしまったり、高め過ぎた結果として副作用を増強してしまうことがあるので、あらかじめ医師に相談が必要です。

体調に異変を感じたらやめましょう


体質によって、合う・合わないは何にでも出てきます。

体調に異変が出てきたら、無理に続けることをしないで速やかに服用をやめましょう。

かかりつけの医師がいる方は、医師に早めにご相談ください。

アラプラス 糖ダウンが初回2,646円(税込)で購入できる定期コースはこちら。