1. ホーム
  2. 糖尿病
  3. ≫アマリール(グリメピリド)の特徴、効果や副作用について

アマリール(グリメピリド)の特徴、効果や副作用について

アマリール錠は、膵臓に作用する糖尿病薬です。アマリールについてまとめました。
アマリール

アマリールの効果と特徴


アマリール(グリメピリド)はスルフォニル尿素系の血糖下降薬と言われる薬です。

血液中の糖分は、膵臓から分泌されるインスリンと言うホルモンで調節されます。

急激なインスリンの上下が繰り返されるうちに、膵臓は弱り、インスリンの量が減ったり働きが悪くなったりしてしまいます。

これが糖尿病です。

アマリールは膵臓に働きかけて、インスリンの分泌を促す効果があります。

膵臓にあるβ細胞がインスリンの分泌をする働きをしていますが、β細胞を刺激し、インスリンの分泌を促すのがアマリールです。

膵臓へ作用するほか、肝臓や筋肉・脂肪組織など、インスリンの受容体を持っている部分を強め、インスリンの感受性を高めることによって血糖値を低下させる働きが動物実験で認められています。

この機能についてのヒト試験は、まだ行われていません。

糖尿病には、1型糖尿病と2型糖尿病がありますが、アマリールが効果があるのは主に2型糖尿病です。

アマリールはなぜ期待されているの?


アマリールはインスリンの分泌促進作用が比較的穏やかです。

それなのに、ほかのスルフォニル尿素系の薬と同程度か、それ以上の効果をもたらすことが知られています。

膵臓に及ぼす作用が少ないため、低血糖症や二次無効になるリスクが少ないのではないかと期待されています。

低血糖症になるリスクは、糖尿病の薬にはつきものです。

血糖値を下げる薬は体調や食事内容などによって、血糖値の下げすぎが起こってしまうからです。

低血糖症になるリスクは必ずあるものとして、ブドウ糖を持ち歩くなどの準備が常に必要になります。

アマリールの低血糖症も比較的穏やかで少ないといわれますが、その可能性はゼロではありません。

安心しすぎず、必ずブドウ糖を持ち歩いたり、缶ジュースを荷物の中に一つ入れておくなどの配慮を忘れないようにしてください。


アマリールの副作用について


スルフォニル尿素系の薬と同じく、アマリールも副作用があります。

主なもの


  • 胃腸症状…吐き気、下痢など
  • 低血糖症状…めまい、冷や汗など

あまり例はないが、危険なもの


  • 強い低血糖症状…冷や汗、異常な空腹感、脱力、意識障害
  • 貧血症状…疲れやすい、すぐ息があがる、動悸
  • 溶血性貧血による症状…発熱、赤褐色の尿
  • 再生不良性貧血による症状…発熱
  • 無顆粒球症…のどの痛み、高熱(頭痛、寒気、震えを伴う)
  • 肝機能障害によるもの…全身の倦怠感、黄疸、食欲不振、発疹

貧血は、鉄分の摂取量が減るので起こるのではなく、骨髄の異常により血球数が減少する再生不良貧血、赤血球が壊されることによって起きる溶血性貧血があります。

この2つの貧血に関しては、単純に鉄が足りないだけではないので、専門的な治療が必要になります。

異常を感じた場合は、初期症状のうちに解決しておきたいので、早めに病院を受診してください。

アマリールを飲み忘れてしまったら?


アマリールを飲み忘れた場合、絶対にやってはいけないことは2回分を一気に飲むことです。これは、低血糖を起こす原因になります。めまいやふらつき、飲み忘れた1回分は、抜かすようにしてください。

低血糖は、空腹や発汗、動悸や震えなどの症状が出ることです。

放っておくと失神、痙攣、意識混濁、昏睡などが起こる危険な症状です。

命に関わる症状でもあり、場所を選ばずに起きるので、思わぬ事故につながる可能性もあります。

高所での作業、運転など、危険なシチュエーションは生活の中にあふれています。

2回分を1回で飲むことは絶対におやめください。

アマリールが飲めない人


腎臓病や肝臓病などの持病がある人、体の状態が悪い人は飲まないほうがいい場合があります。

必ず医師にご相談ください。

下痢やおう吐がある状態も、飲むよりもインスリン療法に切り替えたほうが良い場合もあります。

妊娠中の人は飲むことができません。インスリン注射療法に切り替えてください。

1型糖尿病の人にも適さないケースがあります。

アマリールと他の薬の飲み合わせ


他の薬を使っている場合には、飲み合わせにより他の薬の効果を強めたり、弱めたりしてしまうことがあります。

強めすぎると副作用も強く出てしまいますので注意が必要です。

  • アスピリン(解熱鎮痛薬)
  • プロベネシド(リウマチの薬)
  • ワルファリン(抗血栓薬)
  • 高血圧の薬
  • 不整脈の薬
  • 抗菌薬
  • 高脂血症の薬(フィブラート系)

上記の薬は、アマリールの効き目を強めてしまいます。

強めるということは、血糖値を下げすぎてしまうということなので、低血糖の危険性が増します。

弱めてしまう薬としては、以下のものがあります。

  • 結核の薬
  • ホルモン剤
  • 利尿薬
  • 抗痙攣薬

薬に使われている成分によっても、強めたり、弱めたりという作用の大きな薬ですので、他に飲んでいる薬がある人は必ず医師に相談するようにしましょう。

また、アマリールを飲んでいる間は、市販薬を飲まないように心がけましょう。